仕事を頑張っても出世する人は最初から決まっている理由

こんにちは ツラたん(@gin7000)です

お疲れ様です仕事を頑張ってますか? 今の仕事を一生懸命頑張ればいつか俺も出世する

その思いで日々の仕事を続けていることでしょう

しかし現実的に出世する人間は最初から決まっています

会社は入社した時点で人材の選別を行っているのです

・学歴による選別

・出世レースによる足切り)

・配属先によるキャリア形成

すべてのチエックポイントを短期間で通過する事により

最終的な出世の上限が決まります

企業における出世とは最初から決まっている出来レースでもあるのです

仕事を頑張っても出世はしません

仕事を一生懸命頑張っていますか?

入社してある年齢までは横並びで出世することでしょう

一般的に主任までは同期と差がでないはずです

しかし実は入社した時点で、

その人物が将来にどこまで出世するか決定しているのです

まず学歴により配属先が選定されます

どの企業でも花形部署という配属先があり

今の経営幹部が辿ってきた道にその部署が該当します

その企業で一番の売り上げがある店舗や部署が多く

可もなく不可もなく過ごせれば双六のように次のマスに移動できます

そのように次々に部署を転々として行き

最後に出世して部長、取締役に昇進していくのです

いま仕事をしている人は自分の行く末に薄々感づいているかもしれませんね

若いうちはハッキリとしませんが40歳くらいになると

選別が終わり会社人生の到着地点が見えてきます

入社した時点で現場作業に配属された人は

もっと若いうちに悟っていることでしょう

高卒と大卒では最終到達地点はかなり違います

配属されたときに明らかにこれは出世しないだろ

という部署を見たことありますか?

自分も中途採用で入った企業では

明らかに窓際に配属され在籍しているのは

一癖も二癖もあるような変人か

中途採用の使い捨て人材しかいませんでした

そんな部署で飼いならされてどんなキャリアが積めるのでしょうか

会社の中での自分の役割というものをすぐに理解できましたよ

新卒大好き日本企業で中途採用者が出世するには?

話はそれますが、その当時の部長に

部長

お前は中途なんだから、あまり出しゃばるな

そうハッキリ釘をさされたことがあります

その後、裏就業規則というものをチラッと見たときに

年齢別に昇進上限が細かく規定されていたの確認しました

もちろん学歴が低くても運とゴマすりによって

ある程度は出世するかもしれません

しかし乗せられたレールが鈍行列車と特急列車くらいに違いはあるのも事実です

出世する人は最初から決まっている

出世する人というのは最初から決まっています

・学歴による選別

入社した段階で学歴による選別が行われます

まず高卒、大卒ではそもそも出世レースの種類させ違ってきます

ヤマザキパンの求人募集が良い例でしょう

大卒であっても出身校により3~5段階に振り分けられます

銀行を例にとると

銀行とは入行してから無事定年まで勤めあげるのは

同期500人のなかで5.6人だけという厳しい世界のようです

それ以外の人は関連会社に出向になりお終いです

A採用、アホ採用 支店長クラスの兵隊要員

B採用、ブレーン採用 将来の幹部候補

C採用、コンピューター採用 専門職

D採用、コネ採用 5年以内に出向

銀行員の正体  宝島社

など表面上は同時期に入社した同期だとしても

裏の人事評価は明確に区分されています

・出世レースによる足切り

同じカテゴリ同士での出世争いになるわけですが

どんな企業でも花形部署と墓場部署は存在します

入社したばかりだとどの部署が花形部署かわかりません

ですが課長、部長以上の経歴を聞いてみると一目瞭然です

出世するのに必要な経歴があります

多くはその企業で一番売上をある部署になります

大口顧客を持っている営業部や人を動かす人事部でしょうか

出世させたい人間に箔をつけさせるためにその仕事につけます

・配属先によるキャリア形成

出世させたい人間の経歴と被るのですが

どの企業においても人が集まると派閥というものができます

主力派閥の長は優秀な人材を手駒にするために

配属先を指定してきます

課長以上のマネジャークラスの会議において新卒社員の

配属先を決める会議に参加したことがあるのですが

その部長は配属させる支社を飛び越えて新人を奪っていきました

その結果

新人は刷り込み効果により配属された上司と気脈を通じて

主力派閥の構成員となるのです

上司は出世させたい人間を意図時に演出する

もちろん就業規則など誰でも目に付く形で証跡は残しませんが

裏帳簿のような管理職以上でないと閲覧できない社内マニュアルは存在します

まず学歴による選別が行われ将来の幹部候補に

キャリアを積ませるために任意の部署に配属させます

その部署を可もなく不可もなく過ごすことができれば

次の部署へと配属先が当てがわれます

こいつを出世させようというのが見え見えで

エコひいきでもするかのように上司の推薦があります

例えば本来ならその部署で一番の活躍をしている人物が

出世してくはずですが

明らかに変な人事で訳の分からない人物が出世したりします

そんな事をしていると会社の労働者の士気は著しく低下していきます

私も以前、会議中に

上司

次の所長は〇〇くんでいいかな? みなさんいいよね

とは恥ずかしくもなく発言しているのを聞いて呆れてしましました

〇〇君が優秀であれば、わざわざ上司が皆に宣言せずとも

黙って所長のポジションにつければいいだけの話ではないでしょうか

しかし現実的にそれをしてしまうと職場がギクシャクしてしまうので

わざわざ上司の口から宣言させ周囲の同意をはかっているのです

こんな露骨なケースは滅多にありませんが

あなたの会社でも出世する人物が裏で画策されているかもしれませんね

仕事を頑張ってもいいように使われるだけ

仕事を頑張っていても、その時の上司にいいように使われるだけです

今の上司が出世コースに乗っていて旨い事、

そのおこぼれにあずかることはあるかもしれません

しかし、長い目でみるとその上司が、

あなたが定年するまで面倒をみてくれる訳でもなく

上司が定年して社内に影響力がなくなったら

あなたの出世レースも途中下車の運命です

今まで私も出世レースにのった御仁をずいぶん拝見しましたが

上司が変わるたびに勢いがなくなり

右往左往するありさまを見せつけられ

人の世の無常さを眺めていました

あれほど権勢を誇った〇〇さんが

上司が変わった途端に倉庫番になるとは・・・

しょせん一人の上司の影響力はその人が在籍している間しか効力はありません

それよりも入社した時の席次の序列があとあと効力を持ちます

まとめ

会社は入社した時点で人材の選別を行っています

・学歴による選別

・出世レースによる足切り)

・配属先によるキャリア形成

すべてのチエックポイントを短期間で通過する事により

最終的な出世の上限が決まります

企業における出世とは最初から決まっている出来レースでもあるのです

会社で出世する人は入社したときに決まっています

後々の会社幹部に仕立てるために

最初の配属先から花形部署に配属されます

低学歴や中途入社の場合は窓際部署からの

スタートになります

F1のポールホジションとピットスタートくらいの差がある事でしょう

本人の努力最大である程度挽回できるかもしれませんが

会社内部の取り決めによりいずれ頭打ちになります

今あなたが勤めている会社でいくら頑張っていも

残念ながら最初から出世する人は決まっているのです