辞めますと言いにくい、上司が怖くて退職を切り出せない時に使う言い訳3選

辞めると言いずらい

こんばんは ツラたんです(@gin7000

会社を辞めたいでも言いにくい・・・

なんの脈絡もなく突然、上司に辞めると言いにくい

そんな風に考えてませんか?

辞めますと上司に言うためには事前の雰囲気作りが大切です 

結論からいうと

  • 体調不良なため
  • 精神的に厳しい
  • 仕事が合わない

など

個人的に今の仕事を続けることが難しい事を話すべきです

上司がその気持ちを組んでくれてから辞めますと言うべきです

事前の前ふりが大切なんですよ

詳しくみてみましょう

辞めますと言いにくい時は雰囲気作りが大切

パワハラ会社を辞めたいなと言いたくても

上司がパワハラ紛いの圧力をかけてくるので無言になってしまう

そんな時は辞めますという意思表示をする前に

退職に向けたアピールをする必要があります

言い訳1 体調不良なため

自分の体が病気ケガのために今の業務を続けられない

そんな風にアピールをします

今のままで仕事を続けると病気に通う為に

たびたび会社を休む事になってしまう

そんな風にダメアピールをするのです

具体的な持病をもっているのなら

その病気を誇張して話してみてください

あくまでも体調不良で会社に迷惑がかかると理由にします

そんなニュアンスで話す事が大切です

言い訳2 精神的に厳しいため

近年はうつ病も市民権をもってきました

個人的な悩み事があるため毎日眠れない

精神的に参っていると話します

なるべくボソボソとうつむき加減で話すといいでしょう

心療内科で相談したら眠れない原因はうつ病だったと話ます

医師から会社を少し休むように勧められたが

会社を長期間休むと職場に迷惑がかかるので辞めますとアピールしましょう

言い訳3 仕事が合わない

今の仕事が自分の技量を越えていて合わない

そんな風に話します

仕事を頑張る気持ちはあるがどうにも上手くいかない

今まで仕事を頑張ってきたが無理だし

このままでは同僚の足を引っ張ってしまうので

辞めますと話してみてください

仕事が合わなくて職場の仲間に迷惑が掛かるというのがポイントです

 

会社を辞めますと言いにくいのは本当の理由を話せないからです

引き継ぎなどを考えると退職日の一ヶ月前くらいに上司に話すのが理想です

法律的には2週間前に退職を申し出れば辞められます

会社に不満があってもそれを前面に出さないで

あくまで個人的な理由で退職したいと話すのです

退職したいのは給料や待遇など本当の理由がバレると上司は

あなたを引き止める可能性が出てきます

いかに速やかに会社を辞めるかが重要なことです

辞めますと言いうと上司の引き止めを振り切るには

辞めますと言いにくい上司は自分の事しか考えていません

部下が退職の意向を示すと嫌悪感をだしてきます

上司というマネジメントクラスは部下を管理するのが仕事だからです

それが上司の意向以外で勝手に退職することは彼らからしたらマイナスな事です

会社が傾いているときはリストラを強要するくせに

待遇が悪くても平常運転の時は現状を維持したいからです

スムーズに会社を退職するためには雰囲気作りが一番重要です

上司のなかにはアレコレ説得して退職を拒否する人間もいます

そんな時は第三者を立ち合わせる事によりスムーズに退職できます

退職しようとした部下に対しての罵詈雑言を第三者を入れる事で防ぐのです

退職を引き止められた場合は退職代行という代理人が有効です

退職の引き止めで暴言!パワハラで辞められない会社から即日オサラバする最後の手段

退職するさいに有給休暇の消化とか言い出しずらいですよね

会社側は引き継ぎをシッカリしろとか言うくせにコチラの要望は聞かない

そんな場合も退職代行などの第三者を入れる事により解決する事ができます

会社を辞めれない本当の理由は隠すべき

辞めたい理由

会社を辞めたいと考える本当の理由は

  • 上司のパワハラ
  • 給料が激安
  • 休日が少ない
  • 同僚がクソ
  • 入社したばかり

など会社側の嫌な部分があるから辞めたいと考えているのに

実際はそれを話せないですよね

もし仮りに上司のパワハラが嫌だら辞めます

と上司に言えますか?

言えませんよ!

辞めたい本当の理由は絶対に隠しておくべきです

まあ本来は辞める会社なんかに気を使ってもしょうがないのですが

退職に向けた段階でこじれると退職を妨害される可能性もあるからです

 

また会社を退職したい理由に前向きな理由がありますが

これもNGワードです

前向きな退職理由がダメなわけは

  • やりたい仕事がある
  • キャリアアップしたい
  • いろいろ経験を積みたい

など会社の不満ではなく自分のキャリアアップのための

退職理由なら話しやすいかなと考えますよね

でもこれを上司に話すのはとても危険です

自分のキャリアアップをしたいという前向きな答えの裏側には

この会社にいてはキャリアアップできない

という本音が隠されています

そんな言い方は会社に対して陰口を言っているのと同じです

ましてや上司が会社を築いてきた

キャリアには意味がないといっているのと同じです

前向きな退職理由は良さそうにみえて危険なNGキーワードになります

上司が怖い時点でマネジメント不足なわけ

マネジメント不足上司は部下を管理するのが仕事です

スパルタ教育で部下を叱咤激励するのもいいでしょう

しかし普段から部下とのコミュニケーションが

取れていないのは無能な上司なんです

部下が会社の待遇に不満をもっているのに

辞めますと上司に言いにくい時点でおかしいんですよ

優秀な上司なら部下の不満が限界に達する前にガス抜きなどしますよね

それが普段からコミュニケーション不足なために

辞めますのひと言さえも上司に言えない状況になっているんです

まとめ 辞めますと言いにくい場合は

辞めますと上司に言うためには事前の雰囲気作りが大切です

まとめると

  • 体調不良なため
  • 精神的に厳しい
  • 仕事が合わない

など

個人的に今の仕事を続けることが難しい事を話すべきです

辞めたい会社の欠点を正直に言うのではなく

自分が合わない難しいなど個人的な理由を前面に押し出します

退職が切り出せなくて困った場合は第三者の退職代行など利用するのも一つの手段です

→今すぐ【退職代行ガーディアン】の公式サイトから相談する