転勤の寂しさを乗り越える方法

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

転勤すると寂しいですよね

転勤する側も寂しいですが

妻や友達などされる側も寂しい限りです

・転勤により残された妻のメンタル

・転勤により孤独を味わう男性

・知り合いが居なくてつまらない休日

そんな転勤にまつわる寂しさを埋めるには

自分から人とのコミュニケーションをとり

少しずつ他者の繋がり築くことです

転勤が決まり寂しいと言われた

転勤の内示をもらって誰に報告しますか?

家族、友達。妻など報告した時に

「寂しい・・・」と言われませんでしたか?

転勤は今まで築きあげてきた人間関係を破壊する行為だからです

動物で例えるなら一人立ちして

今まで一生懸命に守ってきた縄張りから

強制的に排除される事と同じです

こんな事をしているのは人間だけです

会社の理不尽な行為にたいして我々は非常に無力です

・泣きすがって転勤を回避しようとしたり

・転勤が嫌で会社を退職したり

そんな消極的な方法しかありません

独身男性なら地元で楽しく過ごしてきた仲間たちとの別れや

家族持ちなら苦楽を共にした妻やかわいい盛りの子供たちとの別れ

自分の大切な人たちとの別れほど辛いものはありません

これが進学就職など自分で決めた

進路に向かうための別れならまだいいんですよ

しかし大切な人と強制的な別れほどキツイものはありません

多くの場合は心に隙間ができてしまうものです

転勤が馬鹿らしいと感じる10の理由

転勤して孤独になる男

転勤すると多くの男性が孤独な状態に陥ります

転勤する事により家族持ちでも独身状態になるからです

知人、友人がいない知らない土地でただ一人の生活が始まる

ハッキリ言って嫌ですよね

今までの人間関係を破壊されるのですから

転勤する事で孤独になることは多々あります

そんな時は孤独を癒すに新しいコミュニティに参加して

出会いを作ることです

転勤して孤独を味わうのは

他人との繋がりが無くなるからです

人間は無意識のうちに複数の繋がりをもっています

もちろん良い繋がりもありますが悪い繋がりもあります

それらの繋がりが外れてしまうから孤独になるのです

転勤する事は嫌なことですがこの際

今までの腐れ縁や悪友など

悪い人間関係をリセットする機会だと考えましょう

人間関係の断捨離です

転勤する事で一時的に孤独状態に陥りますが

新しい人間関係を築くキッカケになるはずです

転勤でひとりぼっち状態は人間関係リセットする絶好の機会

人間はどんな環境にも順応する生き物です

最初は嫌だなと感じていても少しづつ

しだいにその場の環境に馴染んできます

転勤して友達がいなくてツラいを乗り越える方法

転勤して寂しい妻の対処法

転勤すると男性本人よりも妻のほうがメンタルにダメージを負います

単身赴任の妻

男性が単身赴任だとすると家中の大黒柱が不在になり

精神的支柱を失います

我が家はカカア天下だから大丈夫とか思っていませんか?

不在がちな旦那さんでも定期的に

自宅にいるという事実が大きいのです

人間はそこに存在だけで周囲に影響力をもちます

赤ん坊は存在するだけで周囲の注意を引き付けて

大人たちが世話をするために右往左往します

家族のなかの旦那さんも同じです

普段は生活という日常に埋もれて

存在感が見えなくなっていますが

居なくなることにより、旦那さんの存在感に気づくのです

例えばボーナスなど臨時収入が入ってサイフが潤っているときは

1000円くらいは無駄使いをしたりしますが

失業して貯金が0になった時の1000円はとても重みを感じます

転勤に同行する妻

子供が小さく家族で転勤先に

引っ越す場合も妻のメンタルは低下します

家庭の妻の役どころは家庭生活を

維持し子育てをすることが主体になります

つまり地域コミュニティとの連携を

深めていかなければならないのですが

地元を離れて知らない土地に

転勤すると全ての人間関係がリセットされます

旦那さんの場合は会社というコミュニティに属しているので

そのコミュニティを基盤にして

徐々に人間関係を構築していけばいいのですが

妻で外に繋がりがない場合は自力で

自分の所属するコミュニティを探さなければなりません

そんなの簡単なことだろ?

そう考える男性も多いと思いますが

ゴミ出しから地域の行事まで

些細なことさえも手探りの状態から始めることは至難の技です

テレビを録画するブルーレイレコーダーを

マニュアルなしで操作するのは大変ですよね

我が家の場合も転勤で家族を連れ立って

移動したことがあるのですが

一番先にメンタルが病んだのは妻です

周囲に相談ができる人が居ないという状況は

地味に精神に堪えるものです

そのため地域の事で解らないことが有る度に

市役所に電話したり回覧板を隅々まで読んでみたりしていました

仕事でも解らない業務は

その専門家に聞くのが手っ取り早いですよね

それができない状態が転勤先でツライ妻の立場なのです

転勤してメンタルをやられた妻の対処法は

・単身赴任なら地元のコミュニティを強化する

・転勤先に同行なら転勤先のコミュニティに参加する

など今までの人間関係を見つめなおすしかありません

旦那さんが居なくなった心の隙間を家族、友人などで

埋めていくしかありません

転勤でホーム シックになりツラい人が乗り越える方法

転勤先の休日の過ごし方

転勤先での休日の過ごし方をどうしていますか?

地元のように家族や友達がいるのなら

休日を満喫することも苦になりません

しかし誰も知り合いのいない転勤先では休日は地獄です

平日は仕事におわれて寂しさを忘れることもできますが

休日という自由時間に何もすることがないと

とたんに孤独を強く感じます

家族で転勤している場合は家族サービスを充実させて

妻や子供のメンタル維持に努めましょう

単身赴任、独身者の場合は会社以外でのコミュニティに参加して

知人、友人レベルの人間を増やします

会社以外に目を向ける理由として

上司の愚痴や文句など会社内ではどうしても

言えないストレスを発散させる場を作るためです

転勤が怖い理由

転勤が怖い理由として、その転勤が本当に必要な物だったのか?

転勤するさいに交わした口約束が守られないのではないか?

とういう問題があります

会社は将棋の駒のように従業員を無理やり飛ばします

転勤して視野を広げる為とか

他支店を経験してスキルアップとか

都合のいい事をいいますが

ごく少数のエリート社員の場合以外は

そんなの大嘘です

会社の本音では人手が足りないから補充する

誰もやりたくないから押し付ける

そんなもんです

将棋でも持ち駒の飛車でさえも

使い捨てではありませんか?

でもそんな本音を言ったら反発されるだけなのを

知っているからこそ適当な役職をつけて

僻地に飛ばしたりするんですよ

冴えない先輩が課長に昇進した翌月に

東北の片田舎に転勤になりました

上司から

管理職として支店をまとめて欲しい

とか言われたそうですが

その人は現場作業員で普段は

支店には常駐しない人なんですよ

昇進させたのも転勤させるためのフラグだったんんでしょうね

また同僚で妻が病弱で子供が3人もいるから

転勤を嫌がっていた同僚を上司が

とりあえず3年で地元に戻すから

という約束で転勤して早くも5年が経過しました

たぶん彼は定年まで戻ることはないでしょうね

一度組織を抜けたピースは元には戻らないのです

転勤の口約束をまだ信じてるの?

転勤の寂しさを乗り越える方法

転勤の寂しさを乗り越えるにはどうしたらいいんでしょうか?

結論からいうと転勤先に馴染むという方法しかありません

転勤してきた人間は所詮は余所者です

体に入ってきた異物と同じです

最初の頃は自分の居場所がつくれず苦労をしますが

少しずつ人間関係を築くことにより

転勤先に馴染むことができます

もちろん社内での人間関係にも気を使うべきですが

会社では給料、出世などお互いの利益に直結する部分が

でてしまうためにある程度以上の親密度を築くことは難しいです

そのため地域のコミュニティにも積極的に参加して

自分の居場所を築くことが重要です

会社だけに自分の居場所を

求めているのは危険なことです

以前の仕事仲間で70代の独身男性のケースだと

仕事を辞めてしまったために人との繋がりがなくなり

一人で家に籠るようになりました

街中で見かけて挨拶を交わしたのですが

生気がなく目は虚ろでブツブツと独り言を言いながら

去っていきました

おそらく会社を通しての人間関係が断たれてしまったので

メンタルが低下していったのです

人間は生きている以上ある程度の繋がりは必要です

会社というコミュニティに属しているから最低限の

人間関係は保たれますが、そこだけに依存していると

会社内での人間関係のイザコザに巻き込まれてしまうと

その後が辛くなってしまいます

それよりも会社外の地域のコミュニティに参加して

複数の人間関係を作ることをオススメします

例え薄い繋がりでも知り合い程度の人間が複数いることが

寂しいという感情を抑えて精神を安定させる効果があります

転勤して友達がいなくてツラいを乗り越える方法

まとめ

転勤が寂しいのは失恋や別離と同じだからです

会社の命令により理不尽なままに強制的に人間関係を

終了されるのですから

寂しさがこみ上げるのは当たり前のことです

転勤して地元を恋しくてホームシックになることもあるでしょう

しかし多くの辛い事実は時間が解決してくれます

いきなり転勤先に馴染もうと頑張ってはいけません

少しづつ転勤先にコミュニティに馴染むようにします