50歳代で出世できないとわかったら3つの対処法、50歳代男性は楽に生きる

こんばんわ ヤギ太郎です(@gin7000

50歳になったけど出世できない……

そう悩んでいませんか?

50歳で出世してないと言うことは、サラリーマン人生の行き止まりを意味してます。

これからの人生を、どう生きればいいのでしょうか?

結論から言うと

  • 50代で出世できないとなら社外に目を向ける
  • 出世コースを外れても定年まで生き残る
  • 会社を辞めて人生の可能性を広げる

そして

  • 50代男性は出世せずに楽に生きる

です

詳しくみてみましょう

この会社に居たくありません、もう関わらないでくださいと感じたら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ミイダスで無料診断!

出世できないなら社外に目を向ける

50歳代で出世できないとわかったら、社外に目を向けます。

多くの会社では40歳代の頃には、出世の選別が終わります。

50歳代と言うのは、すでに社内での立ち位置が決定してる時期です。

ここから挽回して逆転出世をすることはありません

今まで会社で出世するために使っていたエネルギーと時間を、これからは社外に目を向ける必要が出てきます。

いくら残業したり仕事の成果を上げたとしても、その見返りは少ないからです。

定年が近くなるので、会社から放り出されるのも時間の問題です。

その時に孤独な状態にならないように、地域のサークルやボランティアに参加したりするのをオススメします。

男性は仕事をする時間が、人生の中で一番多くの時間を占めます。

そのため仕事が趣味で自己実現しようなどと、考えてしまう人も多いです。

でも仕事というミッションは、もう終わりに近づいてきているんです

いまからでも遅くはありません、会社の外に自分の居場所を作るべきです。

出世コースを外れても定年まで生き残る

50歳代で出世コースから外れた場合、リストラされる可能性が高くなります。

リストラされても、50歳代では転職は厳しいものがあります。

今の給料よりも下がっても問題ないのであれば、思い切って自分を信じて転職するのもいいかもしれません

しかし面倒と考える人は定年まで、生き残る事を考えます。

50歳代は年功序列のため給料が高くなります。

そのため会社から人件費コストが、高いとみなされてしまいます。

会社からリストラ対象にされているので、どう回避して定年まで生き残るかを考えます。

この場合仕事を抱え込んだり、秘匿化して容易に他人が引き継げないように策をねります。

人間関係のコネクションを利用して仕事あなたは居ないと、仕事が滞ると言う方法もあります。

会社はマニュアル化して業務の多くを、派遣社員に引き継がせたいと考えます。

 

それではあなたは生き残れません

 

会社から見れば業務を簡略化したほうがいいに決まってます。

しかしあなたが生き残る道は、会社の利益に反する方法しかないのです。

会社を辞めて人生の可能性を広げる

会社を辞めて、人生の可能性を広げる方法もあります。

仕事の業務内容が近い仕事なら、ワンチャン転職も可能です。

それは今の仕事の能力が、他社でも使えるからです。

人間関係のコネクションなどを利用して、他社に転職する方法もあります。

残り定年まで残れたとしても、わずか10年もありません

だとしたら悔いのない人生を送るには、会社を辞めて転職する方法を視野に入れるべきです。

50歳代の転職はスキルがあれば年収がアップする事もあります

いちど自分の可能性を調べてみてください

もし、今の職場が辛いなと感じたら1度自分の市場価値を調べて下さい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ミイダスで無料診断!


環境が変われば全てが変わるものです。

現実を受け入れる

50歳代になって出世できないがわかったら、その現実を入れてください

今まで仕事で一生懸命頑張ってきたのはわかります。

しかし何かの間違いや経歴等により、不本意ながら出世できなかっただけです。

もしかすると上司に恵まれていれば、出世できたかもしれません

しかしこれも運だと思って諦めて下さい

50歳代は会社員人生は10年と少ししかありません

役員にならない限り、いずれは定年退職して嘱託になるだけです。

逆転するのは厳しいという現実を受け入れてください

あきらめる気持ちができれば、まだまだ自分の人残りの人生の可能性が広がります。

たまに50歳を過ぎても、若い人と張り合い仕事を頑張る人がいますが、報われない努力をするべきではありません

大切な事は現実を受け入れると言うことです。

管理職になれない中高年

管理職になれない、中高年はどうなるのでしょうか?

会社はピラミッド構造でできています。

若い頃は現場で仕事をしていても、年齢が上がるにつれ部下をまとめる管理職へと出世します。

しかし出世と言うものは、経歴や運などにより誰もが出世できるわけではありません

ピラミッドと言う形を見てもわかるように、上に行くほど面積が狭くなります。

出世するポジション数は限られているからです。

40代までに出世する人間の選別が終わり、50代で完了します。

もし50代で出世できなければ、出世レースの予選敗退です。

では50代になって管理職に出世できない人の場合はどうするべきでしょうか?

結論から言うと平社員として仕事を邁進するか、自分の可能性を信じて転職するしかありません

今までは上を見て仕事をしてきたのですが、これからは同僚部下と下を見て仕事をするような形になります

これからはお客様ニーズに合わせて自分のスキル向上に充てるべきです。

自分のスキルが上げれば、自分の転職市場の価値も上がりますね

50代男性は出世せずに楽に生きる

50代男性は出世せず、楽に生きる方法はあります。

出世と言う価値観から外れた事により、上司の機嫌を気にしなくても良くなります。

今までは自分は嫌だなと思っても、上司の評価が下がるので無理に上司に合わせて仕事をしてましたよね

今までそんなことが、多くありませんでしたか?

でもこれからは上司の顔色を買う必要がなくなります。

たとえ理不尽な仕事を要求されても、「それはできません」と相手につき返すことができます。

もう会社の評価に縛られる必要がないんです。

限度はありますが自由に生きることができるんです。

人間一番辛いのは自分に嘘をつくことです

今まで会社員人生を過ごしてきた中で自分に嘘をつきごまかし上司にゴマをすって生きてきたんでしょ

しもうそんな嘘をつく事はしなくていいんです

これからは自分に正直にそして、仕事に誠実に進めることができます

 最後に笑うのは誰か

50代で出世できないと言われて、悩んで悔しい思いをしていませんか

しかしそんな思いもいずれは消えてなくなります。

人間の人生はあと20年30年程度しか、この世に残ることができません

会社の人生にしてもあと10年が、残り時間で60過ぎはロスタイムと考えた方がいいかもしれません

会社員と言うゲーム時間は残りあとわずかです。

今まで出世したするために使った時間はどのくらいでしょうか

もしかすると出世して得られた地位とお金を出世のための時間で割ったら、あまり良い数字が出ないのではないかもしれませんね

ライフワークバランスと言って、人は生活と仕事はバランスをとるから意味があるんです。

どちらか一方に偏っていてもそれはつまらない人生です。

50歳代で出世できないと分かった人は、少なくとも残り10年は仕事より生活のほうに重点を置いた時間の使い方ができます。

この10年をどう使って生きるかな残りの人生を楽しく生きるコツです

まとめ

まとめると

  • 50代で出世できないとなら社外に目を向ける
  • 出世コースを外れても定年まで生き残る
  • 会社を辞めて人生の可能性を広げる

そして

  • 50代男性は出世せずに楽に生きる

です

50歳代で出世できないという事は、その会社での役割を終えつつあるんです。

いまさらもがいて逆転をねらうより、肩の力を抜いて楽に生きませんか?

これからの人生を楽しく生きるためには、出世という価値観を投げ捨てる事ですよ

出世できない

いまの職場が辛くて厳しいなら、転職も視野に入れるべきです。
転職するのはハードルが高いと感じますが、もちろん事前に自分の市場価値を調べます
ミイダスで無料診断!
つらい人生を変える方法は3つしかありません(大前研一 著)
  • 付き合う人を変える
  • 時間配分を変える
  • 環境を変える

付き合う人や時間、環境を変え、自分を取り巻くしがらみを全て外すという事です。

人は知らず知らずのうちに周囲の影響を受けてしまうんです。

そこに気が合わない人がいるだけで、人間は悪影響を受けてしまいます。

また、年収と仕事内容は比例していません

ある知人プログラマーは転職しただけで年収が1.3倍になりました。

これって転職したら知人の能力が爆上がりしたわけでなく

たまたま転職先が好景気な会社なだけだったんですよ

なおかつ、残業時間も月150時間→月30時間に減ったそうです。

結局は年収を決める重要なファクターは、その職場環境がすべてなんです。

もし仮に自分の仕事能力が年収いくらいになるのか気になる人は調べてみてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ミイダスで無料診断!