45歳定年制は企業が若手を都合よく使いたいだけ、日本社会をボロボロにする気か?

こんばんわ ヤギ太郎です(@gin7000

サン〇リーの社長が企業で45歳定年を進めたいなどと、言い出して炎上してますね
こんばんわ ヤギ太郎です

これって結局は、企業が人権費を抑えたいリストラの方便でしょ

結論からいいうと

  • 45歳定年は企業が若手を都合よく使いたいだけ
  • 日本企業で実力社会無理なんだわ
  • 新人が育たない社会になる
  • 45歳定年で人生の後半戦は自営業

です

詳しく見てみましょう

45歳定年制は企業が若手を都合よく使いたいだけ

45歳定年45歳定年と突然企業が言い出したら、どう思いますか?

多くの正社員は自分の人生について、ロールモデルを描いているんですよ

高校大学を卒業、新卒で入社して、結婚して子供を作り、住宅ローンで新築を買う

企業の終身雇用が崩壊しつつあると言っても、自分たちの親が歩んだ道を自分も歩ける

そう考えている人も、多いんじゃないですかね?

実際、新築住宅を30歳、35年ローンで組んだ場合、65歳まで安定した収入を確保しないといけませんからね

それに結婚、子育てを考えたら45歳で会社から放り出されたら人生設計はどうするんですか?

自分たちの家族が路頭に迷ってしまいますよ

これって企業が若くて低収入の時だけ、都合よく使いたいという意図がミエミエなんですよ

終身雇用という建前があるからこそ、新卒での賃金格差が少なく

将来の収入増の代わりに、若い時代に低賃金に耐えているんじゃないですか?

これって、企業が「お金がかかる中高年になったら高賃金にするよ」と思わせる

雰囲気詐欺じゃないですか? ずいぶんズルいですね

例えば、20歳の若い女性とズルズル交際を続けて、女性が45歳になったら

若い女性と結婚するために、別れる男性に似てませんか?

こんなことしてたら、45歳女性に包丁で刺されますよ、それと同じです

社畜が人が良い事に甘えて、企業の都合を押し付けるのは間違ってますよ

会社に遅刻して出社したら激怒するくせに、サービス残業には何も言わない

多くの人は会社の欺瞞にうすうす感ずいてます、こんな企業に未来があるわけないでしょ

日本企業で実力社会無理なんだわ

年下の上司企業はアメリカ社会のように、ジョブ単位で仕事をする流動性が高い社会にしたいんでしょうね

日本の企業が新自由主義の影響をうけて、そちらに舵を切っているのはわかりますよ

でもね、アメリカのような実力社会は無理なんだわ

日本の企業をアメリカ型にしようとしても、生活習慣がそれを拒みます。

日本の文化に根付いてる儒教の影響がその原因ですよ

儒教とは年長者を敬う縦社会の文化です

この儒教の考えと年功序列、終身雇用が今までの日本企業にマッチしてたんです。

年功序列という縦社会を企業の中に作る事により、ピラミッド型の人事で年上が上司になる確率が多かったですよね

能力がない上司でも、年上だからという点で何とかまとまってきました。

これが能力が高くても中途の20代の若手が、いきなり自分の上司になったらどう思いますか?

少し癖のある現場作業員だったら、「面白くないな」と感情的な軋轢を生んでしまいます。

今でも、そんな年下上司とのイザコザがあるのに、実力社会になったら、さらに加速するんですよ

似たような事例に、1990年代に成果主義を導入した、富士通が社員のやる気が低下し、業績が悪化した事例があります。

成果主義はインチキ!職場が崩壊するわけとは

これも、短期的な利益にしか目を向けなかった為に、全体的に社員のモチベーションが下がったためです

会社が長期的な利益を出すためには、職場の縁の下の力持ちが存在する環境でないと無理なんです。

アメリカ型の企業は株主配当の短期的な利益しか見てませんよ

結局、日本の企業で実力社会無理なんだわ、無理に進めたら長期的には没落しますよ

新人が育たない社会になる

仕事教えない45歳定年にすると、新人が育たない社会になります。

会社に入社すると新人研修がおわるとOJT(On-the-Job Training)といって先輩社員が仕事をしながら育成してくれます。

色々な部署を回り、一人前になるまで至れり尽くせりで仕事を教えてくれますよね

これは自分の後輩に仕事を教えても、会社内に自分の立場や仕事が約束されている保証があるからですよ

もし、45歳定年が実施され、人材の流動性が高い社会になったらどうなると思いますか?

間違いなく、新人なんかに仕事を教えませんよ

自分の仕事を取りにくるライバルに塩を送るバカは居ないでしょ

実際にスペインの若者失業率が49.9%になったりするのは、

ヨーロッパの企業は、中途採用で経験者を採用するのが主流なため、未経験の若者に仕事が回ってこないんですよ

これと同じことが日本企業でもおこります

実は日本の新卒採用というのは、未経験でも若者に一度はチャンスをあげる優しいシステムだったんです。

45歳定年で人生の後半戦は自営業

起承転結1997年に経済危機を迎えた、韓国は日本よりも資本主義が進んでいます

韓国企業は40歳定年ともいわれ、40歳以降に役員になれないと、リストラされる過酷な社会です

40代以降になると韓国企業は退職を強要する『名誉退職』というリストラが行われます

そんな韓国では『起承転鶏』という言葉があり、どんな会社員人生を送っても

40歳以降はリストラされて鶏(チキン屋)になると言われています

人生の終盤をチキン屋として終えるのはキツいですよ

韓国の人たちも、本当は自営業をしたいわけではなく

40代からの『名誉退職』により退職金を使い年金までのつなぎのために

自営業を始めるわけです。

その自営業が韓国ではチキン屋なんです、韓国のチキン屋の数は3万7000あり

日本のセブンイレブンの店舗数21,208店よりも多いようです

もし日本でも45歳定年制が実施されたら、人生の後半戦は自営業(フランチャイズ)になるでしょう

まとめ

まとめると

  • 45歳定年は企業が若手を都合よく使いたいだけ
  • 日本企業で実力社会無理なんだわ
  • 新人が育たない社会になる
  • 45歳定年で人生の後半戦は自営業

短期的な利益ばかり目を向けた資本主義で国が亡ぶ原因になります。

20歳で入社して25年後にリストラされる事が確定していたら

果たして結婚するでしょうか?子供を作りますか?

住宅ローンなんて破産確定じゃないですか?

日本は内需の需要を喚起して、安定した社会にする事こそが

少子化が止まり、国が富む道しるべになるですけどね