無駄な日常点検の仕事が増えていく理由

こんばんわ 今日も一日仕事お疲れ様です

毎日会社にいくと色々な雑務が多すぎると思いませんか?

訳の解らない点検表にレ点をいれる作業

いったいこんな事して何か意味があるんだろうか?

一か月間ため過ぎた点検表を記入していたら

昼飯の時間が無くなった

そんな経験はありませんか

なぜこんな無駄で意味のない仕事が多いのか一緒に考えてみましょう

無駄な日常点検の仕事とは

本来やらなくてはならない実働の仕事と

作業の点検などのあまり意味のない仕事が存在します

地方で会社の車を使用している人は

出発前に運行前点検などを行っていませんか

道路運送車両法に

「車の使用者は走行距離や車の状態などから判断した適切な時期に、

車の点検をしなければいけない」と定められています

日常点検はユーザーの義務であると法令できまっていますが

車を運転する人で実際に車の様々な個所を点検してから運転する人が

この世の中に何人いるんでしょうか?

おそらく日本中探しても100人くらいしかいないんじゃないですか?

エンジンルームを覗いて

ファンベルトの張りやエンジンオイルの量や汚れ具合など

おそらく女性や素人には判断がつきませんよ

ファンベルトの張りといわれても

女性だったら

女性

嫌だー汚いー

とか言って嫌悪感をただよわせるのが落ちです

日常点検で朝の忙しい時にモタモタしていたら

30分は遅くなること請け合いです

それでも時間と資金に余裕がある大企業やお役所だと

真面目に運行前点検しているかもしれません

しかし、のんびり大企業の真似をしていたらいつまでたっても

仕事が終わりません

大企業は直営部隊ではコスト的に合わないので

安価な下請けに仕事を流している事を考えても

我々、中小零細企業では単にレ点を入れる作業を

ただしているだけなんでしょうね

生産性が無いレ点作業を進めるとどうなるか

運行前点検など法令により定められている仕事以外でも

さまざまな自主点検や日報などが存在しませんか?

法令で定められている書類ではなく

会社や支店ごとに独自のローカルルールにより

記入しなくてはならない書類があります

多くは事務所が主体になり新しい取り組みとして

仕事を進めるうえで自主的に点検したり確認する書類ではありませんか?

しかし現場経験がなかったり、大昔のやり方しかしらない

事務所の偉いさんの考えることは

いま実戦部隊が作業している仕事では意味がない事があります

たしかに10個の内、1つくらいは意味のある書類は存在しますが

多くは時間と労力を無駄使いするだけの無駄な仕事ではないでしょうか

みんな意味のある書類と無駄な書類を無意識に分けておいて

無駄な仕事は適当にレ点いれているだけです

職場で仕事が他の人の半分しかできないロートルオジサンが居ます

なぜそんなに仕事が遅いんですか?

そう問いただしたら

ロートルオジサン

いやー点検や確認作業が多すぎてさー

そう返答していました

資本主義の世の中は競争社会なのに

重りをつけて走ったら負けるよな

そんな気になりました

書類に記入する雑務の時間は無限にあると

事務所の偉いさんは考えているのでしょうか?

私もたまり過ぎた書類を徹夜してレ点入れたり

家に持ち帰り休日にレ点をいれたりした事があります

何十時間もレ点をいれていると面倒になり

レ点が  レ → ノ になりやり直しとか

言われたことがあります

レ点をいれるのが私の仕事なんでしょうか?

無駄な自主点検の仕事が生まれるわけ

いったいなぜこんな無駄な仕事が生まれるのでしょうか?

現場から事務所に上がった経験から

なぜ無駄な仕事が生まれるか理解しました

まず仕事上で何かしらの事故や障害、クレームなどが発生します

その事故に対して時系列で仕事の進め方を確認します

そのなかで、こうすれば防げただろうというポイントが存在します

そのポイントに対して点検する項目や書類を作成して

そのポイントを客観的に確認したり潰す方法に変更になります

つまり事故やクレームが起きるたびに

やらなくても良い仕事がどんどん増えていくことになります

大企業ほど仕事量が多く事故事例も多いので

無駄な仕事がドンドン増えていきます

地方の道路ではセブンイレブンとヤマト急便の車は

教習所の車並みにウザい存在です

「私たちは法令速度を厳守します」

といってガラガラの道路でキッカリ40キロで走られたら

迷惑以外のなにものではありません

スピードメーターというのは実際の速度より1割引きの

スピードを表示しているのを知らないのでしょうか?

大企業ほど自分で自分の首を締めあげて

がんじがらめで仕事をすることになります

またそれに類似するのに

事務所のホワイトカラーが自分の存在をアピールするために

現場に無駄に点検するよう指示する事があります

何かの事故が起きるたびに

上司

事務所はちゃんと管理していたのか?

そう問いただされるので

それを回避するために

部下

いや 私たちは現場に確認するように点検表を渡していました

そう自分たちの保身のためだけに存在する

点検表などがその存在です

事務所の管理者の保身のための証拠書類

が点検表の存在理由です

私たちはいけ好かない管理者が傷つかないように

すべて手抜きした現場が悪いという風にもっていくために

日々の点検表を記入しているのです

まとめ

意味ない仕事はなにかしらの意図が存在します

それは管理者の保身のためだったり

現場に責任を押し付けるためだったりします

大企業ほどお役所的な物の考え方なので

稟議書とか上司のハンコを貰ってから仕事をすすめなくては

ならない仕様になっています

誰も責任を取りたくないんでしょうね

だからそんな意味のない仕事が増えていくんですよ

実は先日、点検項目にレ点を入れてコピーして提出したら

年下の上司に激オコされてしまいました