職場のうるさい人からの被害を受けないための〇〇な方法

あなたの会社にもいませんか?職場で必要以上にうるさい人・・・

彼ら彼女らはわざとうるさくしてるんですかね?

大声で怒鳴ってみたり、周囲の人間に面倒をかけたり

うるさい人達は正直言って迷惑です

職場でうるさい人にはどう対処すれば良いのか一緒に考えてみましょう

うるさいとは何か?

うるさいを、漢字で書くと煩い、五月蝿いになります

耳障りとか面倒な表現が、うるさいになります

職場でのうるさい人とは、

声が大きく耳障りな人や厄介事を押し付ける面倒な人が該当します

職場でのうるさい人を分類すると

声が大きい、うるさい人を物理的うるさい型タイプ

面倒事なタイプのうるさい人を精神的うるさい型タイプ

の二種類に分類できます

 

職場でうるさい人の種類

職場でうるさい人にはどんな種類が居るのか考えましょう

 

声が大きい人

地声が大きい野生児

声が口腔内で反響して音声出力よりも大きく響きます

私なんかは口が開かずにモゴモゴ喋るタイプなので羨ましいのですが、

このタイプの人は意識せずとも声が大きくなります

声を大きくするには腹式呼吸で声を出せと言いますが

彼らは意識せずとも腹から声がでて口腔で音が反響して、騒音レベルの声になります

自己主張が強い人

声が大きい人を物理的にうるさい型だとすると、

必要以上に自己主張が強いタイプは精神的うるさい人と認識されます

自分が自分がと世界の中心にでもなった気でいるのかと

心配になるほど自己主張が強い奴はいませんか?

誰もあんたの事なんて気にしてないよ、と言ってやりたいのですが

いい年こいて自分の事しか興味がなく周囲の人間を必要以上に

疲れさせる存在が精神的にうるさい人型に分類されます

神経質な人

自己主張が強いのうるさい人と同じ、

精神的うるさい型なのですがこちらは神経質なうるさい人です

神経質な人は心に余裕が無いのかちょとした事でピリピリしてしまいます

神経質なうるさい人は自分の意識が他人に悪影響を及ぼします

言動という耳に聞こえる質量ではなく、

悪意のある念をメラメラと周囲に撒き散らします

神経質な人がいると目に見えなくても場の雰囲気が一気に悪くなりますよね

オカルトぽいのですが人間が発する気のようなものが存在し

神経質な人は職場に呪いをかけているのです

職場のうるさい人がなぜ問題なのか?

うるさい人は職場の周囲に多大な迷惑をかけています

中国のPM2.5のように毒ガス並みの悪影響を及ぼします

ではうるさい人がいるとどんな悪影響が出るのか見てみましょう

うるさい人がいると集中できない

うるさい人が存在するだけで仕事に集中できなくなります

うるさい人は騒ぐだけで自分のストレス解消になっていますが、

その会話や仕草だけを眺めていても不愉快です

人間の五感は無意識化でも音や映像を目や耳で拾ってしまいます

その為、無意識のうちに騒がしい言動に気を取られて仕事が手につかなくなります

雑談で時間を取られる

うるさい人は一人で一人言を呟いていればいいのに、周囲を巻き込んで騒いだりします

つまらない会話に同意を求めたり、

何回も同じ話を壊れたレコードのように繰り返し話したり、

うるさい人に付き合っていると、自分の稼働時間がドンドン減っていきます、

ステータスが毒に犯されたように自分の業務時間が減っていきます

ストレスの原因

うるさい人が居るだけで、ストレスの原因になります

うるさい人の発する言動、行動、態度から精神ポイントが削られていきます、

強烈な一撃ではないのですが、

うるさい人の存在がボディーブローのようにじんわり身体の芯からストレスで蝕まれていくでしょう

なぜうるさい人になる原因

なぜうるさい人になるのか考えてみましょう

声が大きい物理的うるさ型な人は両親の遺伝や環境から声が大きいなるように

育っている可能性があります

吹奏楽器でもトランペットよりもバスチューバのほうが大きな音がでますよね

元からの体質により大きな声で喋るようになったのでしょう

また年輩のかたに多いのですが聴力が弱ってきたために

自分の声量がわからず必要以上に大きな声で喋る人もいます

また神経質や自己主張型のように自分の周囲の人を巻きこむ精神的うるさ型の場合

これの人に共通している点は自己評価が低かったり

承認欲求が強すぎているのが原因です

他人を許す心が狭いために

自分の周囲の人間に神経を尖らせ

変な影響力張り巡らせる結果になります

職場でうるさい人の対処法

そんな職場でうるさい人にはどのように対処したらよいのでしょうか?

一番効果があるのが相手にしない事です

同僚や上だった場合あからさまに敬遠することは難しいかもしれません

そこで有効な手段として

うるさい人とは距離を置くという方法です

物質的にうるさい人の場合

人間のパーソナルスペースは

会話をする限界距離が2メートル以内に収まります

いくら声が大きくても3メートル離れた相手とは会話をしようとは

思いません

うるさい人が現れたら小まめに移動して

うるさい会話が耳のに入らないようにポジショニングをします

マメに立ち位置を変えることにより

うるさい人からの騒音は軽減されます

小まめな移動ができないディスクワークの場合は

指で耳穴を片側だけでもふさぎます

音声は指向性があるのでうるさい人の方向の耳に指で栓をすると

少しでも騒音を軽減できます

精神的にうるさい人の場合

精神的にうるさい人にたいしても距離をおきます

こちらのうるさい人の場合はマトモに相手にすることにより

相手が調子好きドンドンうるさい言動に悩まされることになります

聞き上手の人と会話すると話が弾みますよね

適度な相槌をうつことにより

話し手はいくらでも饒舌になります

これと逆の事をするのです

相手が何を言ってもすぐには返事はしなかったり

タイミングをずらして相槌をうってみたり

時には眉間に皺をよせて不愉快な態度をとったり

あらゆる手段を使って

コイツとは話しづらいなという雰囲気を醸し出します

体験談

私の同僚にもうるさい人がいます

声も大きいのですが他人に対して過干渉すぎるというか

まあ悪口なんですがペラペラと面倒臭い人物です

あのやり方は間違っている オカシイ!

口だけ騒いで自分では仕事しないんですよ

以前はまともに相手をしていたのですが

冷静に考えてみると、時間だけを浪費していて

自分にとってはストレスになるだけだったのです

そこで精神的に距離をおくために会話が続かないように

悪表情と相槌をずれして対応していたら

うるさい相手も面白くないのか関係性が疎遠になっていきました

職場の人間とは全員仲良くしなくてはならない・・・

そんな考えは間違いです

害悪のある人間とは距離を置くことも

自分の業務をスムーズにする手段です

うるさい人が存在できるのも、周囲の人間が

うるさい人間を甘やかしている環境だからです

まとめ

職場でうるさい人がのさばる原因は周囲が甘やかしている可能性があります

職場の人が相手にすることにより

うるさい人がどんどんンエスカレートしていくのです

いくら声が大きく、面倒事をまき散らしていても

職場の人間が相手にしなければ、ただの独り言を言っている

オカシイ人なのが解ります

自分のため、職場環境のため、

うるさい人を少し大人しくさせましょう