仕事でのケアレスミスを減らす対策とは

仕事 ケアレスミス

仕事でケアレスミスをしましたか?

簡単な間違いで失敗してしまい悔やんでますね

「つまらない失敗をしたなー」と思っていることでしょう

ケアレスミスの対策には”仕事を客観視する事と再確認”をすることです

では今回はどうすれば、仕事でケアレスミスをしないようになるのか

一緒に考えてみましょう

仕事で起こるケアレスミスとは

ケアレスミスとは英語でcareless mistakeの略です

不注意による誤り、軽率なまちがいをさす言葉です

学生のテストの時に、単純な計算や漢字の誤りにより減点された

ことはありませんでしたか?

本来の実力ならば得点できたのに、単純なミスにより

得点が減ってしまった

仕事におけるケアレスミスも同様に、本来のあなたの力をもってすれば

順調に進んだ仕事が単純な落とし穴に引っかかり

ミスになってしまった状態をさします

ケアレスミスといっても、仕事上では失点の対象になります

場合によっては、今後の”昇進やボーナスの査定”に響くかもしれません

簡単な間違いであなた職場で不利な状況に陥ることは

勿体ない限りです

今回のはケアレスミスだから、と開き直らずに

ケアレスミスも失敗の一つの類型と受け止めて

今後はおこさないようにしましょう

仕事でケアレスミスを起こしやすい人

 

仕事でケアレスミスが多い人はどんな人でしょうか

「あの人は頑張っているんだけど、ケアレスミスが多くて・・・」

そんな風に周りに思われていては、今後の出世に支障がでますよ

ケアレスミスが多い人は、何度も同じ間違いを繰り返します

それはその人の行動パターンがケアレスミスを起こしやすい

問題点を含んでいるからです

例えば車の事故を何度も起こす人というのは

その人の思考パターンや行動する上での価値観が

車を運転する上での、問題点を含んでいるからです

では仕事でケアレスミスを起こしやすい人というのは

どのような人をさすのでしょうか

普段から余裕が無い人

ケアレスミスを起こす人に一番多いのが、仕事に余裕がない人が多いです

自分の業務が手いっぱいなため、注意力が散漫になり

仕事で単純な失敗をしてしまう事があります

日本の企業の場合、業務範囲が明確になっていないため

仕事ができる人ほど仕事量が鬼のように増えていき

いつの日か限界突破することが度々あります

新人ほど自分の適正な仕事量がわからずどんどん仕事を請け負います

飲めない酒を浴びるほど飲んで二日酔いになるように

どんなに仕事ができる人でも限界はあります

そうなる前に自分の限界値を見極めておくことが肝心です

車のハンドルにも遊びの部分があるように仕事もある程度の余裕がないと事故のもとになります

仕事を確認する癖がない人

何度もケアレスミスをする人の特徴として、仕事の再確認をする癖のない人がいます

二重三重のチェックをする事で、思わぬ間違いを未然に防ぎます

そのためにも、仕事はやりっ放しにしないで

一つの業務が完了したら少し時間をおいて、再確認をするとケアレスミスを未然に防げます

業務の流れななかで、仕事を区切らず再確認すると

ミスを見落とすことがあります

一つの業務が終わったら、いったん小休止をして

時間をおくことにより、自分の目線で客観視することができます

自分が行った仕事を客観的にみることにより

思わぬ落とし穴に気が付くことができます

どんなに優秀な人間でも間違いは起こします、再確認をすることにより間違いは未然に防げます

せっかちな性格の人

性格的な問題なのですが、仕事が早いというか

何事にもせっかちな人というのは存在します

せっかちな人というのは一つの事柄を十分に咀嚼しないで

次の事に興味が移ってしまうのです

物事に対して淡泊というか、執着する性格ではないのかもしれません

どんどん仕事を進めないと気がすまないために

ケアレスミスとして間違いを見落とす可能性があります

性格的にせっかちな人はミスを見逃してしまいます

ある程度慣れてきたとき

これは誰にでも共通することなのですが

仕事に慣れが生じてくると、基本的な手順を端折ったり

確認が必要なポイントをスルーしたりする傾向があります

効率化というと聞こえはいいのですが

どんな仕事も基本を忠実に守る事により失敗をする確率が下がります

慣れという心の油断がケアレスミスをする落とし穴になります

仕事に慣れてきたなと思った時こそ

基本作業を思い出し、間違いのない作業を心がけてください

仕事に自信がついてきたときこそミスを起こしやすくなります

ケアレスミスの対策

仕事でケアレスミスを再発させないためには何に注意するべきでしょうか

ポイントは”自分の仕事を客観視する事と仕事を再確認”することです

ではどのように客観視、再確認するべきか考えてみましょう

自分の仕事を客観視する

自分の仕事を客観視する癖をつけましょう、

自分の仕事の内容、仕事の権限が固定されていると

自分の目線でしか物事をみれません

自分が作った部品が全体でどんな役割を持っているのかとか

自分が販売した商品の流通経路や在庫状況など

自分の業務内容以上のことも頭の片隅にいれておくことにより

視野を広げることができます

仕事というのは自分だけで完結するわけではなく

周りの協力をえて製品化、現金化されます

しかし自分の仕事が会社内で部署が花形部署だと

自分が中心の考え方に陥ってしまいます

全部の業務を把握することは不可能ですが

少しでも頭の片隅に入れておくことにより

全体を見渡すことが可能になります

仕事との流れを把握しておくことにより広い視野を確保できます

細かく再確認する癖をつける

仕事でのケアレスミスと未然に防ぐためには業務の再確認が重要です

仕事を客観視することがケアレスミスを防ぐ攻撃的要素だとすると

仕事を再確認するということはケアレスミスを防御的要素に該当します

どんな仕事でも人間が行う以上、間違いは必ずでてきます

これは仕方がない事です

しかし、一つの業務が完了したあとに一旦時間をおいて

再確認することいより、今まで見つからなかった間違いが発見できます

人間の思考パターンは慣れや思い込みといった

単純化をする傾向があります

一連の流れのなかで業務を連続して行っていると

間違いが意識の外にはみ出ることがあります

それを防止するためにも、一旦時間をおいて

思考パータンをリセットすることがポイントです

本当は他人の目で再確認をしてもらうと確実なのですが

自分の目線を他人のようにし向けることのにより

ケアレスミスを土壇場でセービングできます

再確認する事を何度も繰り返すことにより、再確認する癖がつきます

仕事でケアレスミスは勿体ない 同じミスを繰り返さない工夫をする

ケアレスミスというのは本来のあなたの実力なら回避できた落とし穴です

ケアレスミスといっても仕事上では失敗事例としてカウントされてしまうので

想像以上にダメージは深刻になります

何度も何度もケアレスミスを頻発させていると

あなたの業務能力に疑問符がついてしまいます

ミスがミスを呼ぶように、一度犯したケアレスミスは再発させないようにしましょう

ケアレスミスが起きやすい環境、原因、を自分の中に理解させて

再発させないように対策を十分にとることが大切です

まとめ

ケアレスミスが起きやすい人はの類型は

注意
・普段から余裕が無い

・仕事を確認する癖がない人

・せっかちな性格の人

・ある程度慣れてきたとき

ケアレスミスの対策はとして

・自分の仕事を客観視する

・細かく再確認する癖をつけることです

つまらないミスを連発するまえにちょっとした工夫をこらすとケアレスミスは未然に防げます