なぜ仕事で失敗したのに叱責が軽い上手な言い訳とは

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

仕事で失敗したときはどう言い訳をするべきか・・・

仕事で失敗し時に上司から

言い訳するな!

そう叱られたことはありませんか?

仕事で失敗したら全ての罪を被り

犯罪者のように罪を受け入れるべきなのでしょうか・・・

神よ言い訳はしてはいけないのでしょうか・・・・

結論から言えば仕事で失敗したら

言い訳をするべきです

なぜなら上手な言い訳はあなたを救うからです

ただし失敗したときの言い訳のタイミングと

上手い言い訳の仕方だけが問題なのです

彼が仕事で失敗してしまったケース

彼はいつも同じルーティンの仕事をしていました

指示書にしたがい装置の配線を切断する作業です

装置には配線が複雑に入り組んでいるので

彼は細心の注意を払っていました

装置自体を完全に撤去するなら問題はないのですが

その装置に配線されている一部だけを撤去するのです

イメージ的に時限爆弾のリード線を切る作業でしょうか

もちろん間違った線を切ってしまわないように

テスターで電圧を計り0Vであることを確認します

彼は事前に用意したテスターで電圧を計り

切断する配線を確認しました

そのとき不意に個人のスマホに着信がはいり

彼はスマホの電話に出てしまったのです

配線を掴んでいた手はスマホを握りしめたために

切断する線は宙ぶらりんになってしまいました・・・

スマホでの要件がひと段落をとり

配線を切断する運びになったのですが

この時に電圧を再度計りなおせばよかったのに

宙ぶらりんの配線を無意識に手で掴んでしまったのです

彼は何も迷うことなくニッパーで配線を切断すると

けたたましくアラームが工場内を叫びだしました

警報がなり工場内の操業は一時中断してしまいました

それもこれも彼が間違えて配線を切断したためです

彼は仕事で失敗したのです

失敗の言い訳をするタイミングとは

仕事で失敗したときに必ず言われるセリフが

言い訳をするな!

そう上司に叱責されますよね

あれは失敗した事を認めさせるための恫喝のようなものです

自分の非を認めろ、そういう感情が先行するために

仕事の失敗直後での言い訳は叱責されるのです

ではどのタイミングで言い訳をするべきでしょうか?

答えは仕事の原因を追及する段階の事情聴取のときです

なぜ今回の失敗がおきたのか

上司は原因を知り再発防止に取り組むためです

同じ失敗を何度も繰り返していては

どんな大企業でも倒産してしまいます

それよりも同じ失敗を繰り返さないために

原因を追究して再発防止に努めようとするのです

言い訳をするタイミングはこの時しかありません

上手い言い訳をして上司に

今回は運が悪かったな・・・

そう言われるか

何やってるんだ自宅謹慎でもしてろ

そういわれるかは、どのように言い訳をするかにかかっています

失敗の過失割合を増やすのが上手な言い訳

今回の件で仕事に失敗した原因は

・仕事中に個人のスマホを持ち込んだこと

・そしてスマホの着信にでたこと

・また手を離したのなら再度電圧を計りなおすべき

 所を手を抜いて作業したことなどがあげられます

彼を管理する上司はなぜ失敗したんんだと追及することでしょう

馬鹿正直にスマホに出てしまいました

と答えますか?

自分の非がある事を正直に告白しますか?

失敗による原因には過失と故意があります

過失

過失とは想定外のことが起こり仕方がなかったために

おきた事故的なものです 不可抗力ともいえるでしょう

故意

故意とは明確な意思をもちあいてに損害を与えるために行う行為です

多くの仕事失敗の場合

過失、故意とどちらかに100%振り切れるわけではなく

過失 80% 故意 20%

というように過失と故意の割合が変化します

うまい言い訳をするにはいかに過失の割合を高くして

故意の割合を低くするかにかかってきます

仕事の失敗に対する査問会での弁護士の役割を

自分でしなければならないのです

それが仕事の失敗にたいする

言い訳という武器なのです

今回のケースの場合はスマホ操作が故意にあたり

配線が宙ぶらりんになったのが過失と考えます

スマホ操作をしたために配線が手から逃げたと言わず

電圧を計り終えたあと複雑に配線が入り組んでいたために

間違えてしまったという部分を強調します

もっと作業環境にスペースがあれば

間違えて配線を掴むこともなかったのにと

複雑な配線環境がすべての原因と

論点をすり替えます

日本企業でプロジェクトが失敗に終わっても

責任者が追及されずなあなあで済まされる事が多くありませんか?

あれも失敗の原因を的確に追及せず

誰も失敗において傷を負わないようにしているからです

大企業の優秀な社員でさえもそのような状況で仕事をしているのです

あなたがもし仕事の失敗を一人で抱えて

会社のために死にますか?

そこまであなたは自分の会社を愛しているのですか?

私はそんな会社よりも、私のつまらないブログを見に来てくれる

あなたの方が大好きです

言い訳に罪悪感を感じるのは解ります

でもね世の中ホントに汚い人間が大勢いるんです

言い訳をしたくないという気持ちは痛いほどわかります

裁判で弁護士が一生懸命に熱弁するのはなぜですか?

それは事件、事故にたいする心証を少しでも良くして

加害者を助けたいからなんです

あなたを助けられるのは、あたなしかいません

上手な言い訳をして少しでもあなたの立場を救いませんか・・・

まとめ

人間である以上は失敗することは仕方が無い事です

もちろん再発防止に取り組むことも大切ですが

そんな事は失敗を誘発させる企業に任せておきましょう

大切なのはいかに上手に言い訳をして

あなたの社内での立場を不利な状況に落とさないかにかかっています

「物は言いよう」と言うように

言い方によって人間の印象はガラリと変わるものです

あなたの仕事での失敗のダメージが少しでも軽くなりますように