転勤して友達がいなくてツラいを乗り越える方法

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

転勤すると友達がいませんよね

寂しいですね・・・

友達は人生を支えてくれる松葉杖です

それが誰も知人がいない環境で生活する事は不安なことです

転勤して友達がいないて悲しいときは

転勤先のコミュニティに参加して自分から友達を作る事です

転勤すると友達がいない問題

転勤すると友達がいなくなります

全国各地に友達がいる人気者なら別ですが

多くの人はそんな友達はいません

その結果転勤先で孤独な生活を送る事になります

何気ない愚痴でさえも吐露できない

そんな無人島のような生活が転勤にはついてきます

友達なんか必要ない

そう断言する人でさえも自分の中に溜まった

フレストレーションを外に放出できないと

心の内部から腐ってしまいます

今までの人生において縁があった人達のなかから

自分との共感がもてる人たちが友達になります

同性、同年代、同郷など自分の価値観が違いだろう

というのが一つの目安になります

これまで育ててきた人生のなかで築き上げたのが

今いる友達たちなのです

それが転勤というクソイベントにより

人間関係を木っ端みじんに粉砕されてしまった状態です

転勤なんてものは日本社会にに根ずく

ガンみたいなもんです

働く人の多くが嫌がる強制イベントと慣習という名のもとに

続けているのが現実です

転勤が馬鹿らしいと感じる10の理由

社会人に友達の必要性はあるのか?

友達の必要性とはどのようなものでしょうか?

友達とは自分と共感を分かち合い

お互いが支えあっていける存在です

例えば会社で嫌な事があっても

その出来事を友達に話すことにより

自分のストレスが軽減されます

ストレス発散の愚痴なら家族でも代用できますが

その効果は自分の身内よりも完全な他者である

友達の方が効果が高いのです

これは家族だと自分の事をわかってもらえて当然という

意識が働いているからです

友達というある程度距離感がある人間に共感してもらうことにより

自分のストレスは大幅に軽くなります

ストレスを感じたら友達に愚痴を言うことにより

人間社会という群れのなかで

自分の居場所を作る事ができるからです

しかし人の入れ替わりが少なく人間関係が固定化された状態が続くと

色々な弊害も生まれるのも事実です

新人時代に世話になった先輩に頭が上がらないとか

学生時代の悪友関係を引きずっているなど

悪い縁は断ち切った方がいいもんです

そんな時は転勤して人間関係をリセットする良い機会になります

転勤でひとりぼっち状態は人間関係リセットする絶好の機会

友達と知人の違い深度

 

友達と知人の違いとは何でしょうか?

よく言われる言葉で浅く広い人間関係か

深く狭い人間関係ともいわれますよね

友達が多い人気者の多くは薄い付き合いで

交友関係が広いタイプともいえます

逆に親友ともいえる数人しか友達がいないタイプは

狭く深いタイプです

この浅い、深いという尺度は相手の信頼度の深さを指します

知人⇔友人⇔親友

・知人レベルでは一般的な挨拶程度の会話が主体になります

・友達レベルでは少し深い仕事の愚痴などの会話になります

・親友レベルでは誰にも話せないような秘密の共有の会話になります

たんに知人レベルの知り合いを増やすだけなら

挨拶を小まめにして自分の認知度を高めるだけです

しかし仕事の愚痴など少し深い悩みの共有が必要な場合は

お互いの信頼関係を築く必要があります

会社など多くの表面上での付き合いが必要な環境では

知人レベルの人間を増やすといいでしょう

浅く広い知人を多く持つ人をソーシャルバタフライといいます

花から花を渡り歩く蝶に例えられるからです

そのような人を見ると多くの友達をもって

充実した人生を歩んでいるように感じますが

実際には自分の内面に抱えた悩みを

誰にも共有できない寂しい人なのです

社会人からの友達の作り方

友達が欲しい人はどうすれば友達を作る事ができるのでしょうか?

転勤先の職場で友人を作ろうと考えても

独身者と家族持ちや20代の若者と50代の中高年では

意識や文化のレベルが全然違ってきます

そのような環境で友人を作ることは難しいです

仮に同年代で文化度の近い人間がいたとしても

上司の愚痴で盛り上がった翌日に

上司にチクられてしまう可能性もあります

会社という組織はお金を稼ぐためにあつまった互助会のようなもんです

給料や出世などに目が眩み同僚の足を引っ張る輩も存在します

そんな危険性もあるので会社の同僚は知人レベルの付き合いに

留めて社外に友人を求める活動をすることをオススメします

学生時代は同年代の人間を同じクラスに押し込むことにより

自然に友人が出来ていたと思います

自分から動かなくても与えられた環境で自然と友達ができていたのです

しかし社会に出ると様々な人間がいるので

自分から動かないと友達はできません

社会人になったあとは意識的に友達を作るのです

例えば趣味のサークルや習い事など仕事と関係のない

人間とのコミュニティに参加すると趣味を通して友人ができます

・スポーツジムで主催している

サッカーチームや野球チームとか

・ホームセンターで主催している

絵画教室や英会話教室とか

・地域の公民館などで主催している

料理教室やボランティア活動など

少しでも興味がある場に参加すると出会いの場が

増えて友達ができます

私も社会人系の習い事が好きでよく参加していました

水彩画教室で知り合った人たちと

野外で写生会をしてみたり

手話教室で知り合った人たちとボランティア活動をしてみたり

全然知らない土地でも自分が会社以外でも必要とされているんだな

と感じることはともて心に安心感がもてたりします

会社というコミュニティしか目を向けていないと

それだけの狭い世界観のなかで生きていくことになります

それよりも自分の興味がある分野に足をのばして交友を広げてみませんか?

まとめ

転勤により友達が居なくなることは事実です

どんなに仲がよい友人でも環境が違う事により

段々と疎遠になってしまいます

友達を持つことは人生でおきるBADイベントでの

癒しになります

自分一人で乗り越える事も必要ですが

少しでも自分の悩みに共感して助言を与えてくれる

友達は貴重な存在です

そんな友達を転勤というクソイベントで破壊されて悲しいことでしょう

そんな時は転勤先で新たな出会いを求めて行動することも

必要な事ではないでしょうか

会社と家の往復の人生だけではツマラナイものです

転勤先のコミュニティに顔をだして少しづつ

友達を作っていきましょう