30代で出世できないとわかった時の2つの道、人生を後悔しないために

30代は人生のターニングポイント

こんばんわ しおたんです(@gin7000

30代になって出世できないとわかりましたか?

出世できないとわかった30代の道は2つあります。

いまの職場で生き残る方法と、自分の活躍できる場へ転職する方法です。

結論からいうと

  • 出世しないで会社で生き残る
  • 思い切って転職する

です

詳しく見てみましょう

出世しないで会社で生き残る

いまの会社で出世できないとわかっても簡単に辞めてはいけません

転職すれば全員が年収、待遇が上がるわけではないからです。

もちろん環境を変えて活躍できる人なら思い切って転職するのがベストな方法です。

しかし誰もが転職が成功するわけではありません

出世できないのを理解したうえで今の職場で生き残るのも良い選択だからです。

専門職として会社で生き残る

出世しないで現職のまま、会社に残る未来を考えます。

いまの会社で収入、福利厚生で優れている場合、出世しないからといって転職する事はリスクがあります。

何も出世するだけが会社員の生きる道では無いからです。

会社で組織の一員として現場の仕事を維持しつつ、自分の立場を確実に固め生き残る方法もあります。

その場合オススメなのは専門職として生き残る方法です。

会社では分業化され、ローテーションを組み職場を転々としたりします。

しかし特殊な仕事の場合、専門職として人材を囲い込みをしたりします。

誰でもできるゼネラリストのような仕事の場合最悪、派遣等に変わられる可能性もあります。

しかしマニュアル化できない、経験を積むのに何十年もかかる特殊な仕事は身につけるのに時間がかかります。

その尖ったスキルはあなたの身を助けることになります。

習得するのは時間がかかると言う事は、他の人間がそのスキルまで追いつくのは時間がかかることを意味します。

あとは自分の後輩が追いつくよりも先に専門職として仕事に磨きをかけます。

場合によってはノウハウの秘匿化をする必要も出てくるかもしれません

それができれば自分が専門職として生き残る可能性は十分にあり得ます。

30代で現職として会社で生き残るには専門職としてスキルを上げる方法がベストです。

出世を望まず現状を維持する

30代が現状のまま今の会社に残るのも良い方法です。

出世しないからといって、むやみやたらに転職する事は不況の時代には危険です。

企業は同期、同僚を競わせ少しでも生産性を高めるために出世を餌にやる気を出させようとします。

しかし最初から出世レースの結果は誰が出世して誰が左遷されるかは決まっています。

それは学閥、派閥、上司の好みによって決まります。

30代となると出世に差がつきだし、40代前には管理職になる出世レースは決まります。

しかし今の会社で定年まで、生き残れるその可能性があるのなら、無理に出世競争に巻き込まれる必要はありません

その時生きてくるスキルは1つは専門性を高めることです。

もう一つの方法は人脈力を高める方法があります。

上司、同僚、部下などとコミニケーション能力を発揮して職場のキーマン的ポジションにつき組織を生き抜く方法です。

普通リストラは、無作為に選ばれます。

しかしリストラする幹部と少しでもコネクションがある場合は、やはり幹部も人なので躊躇する可能性があるからです。

この方法は人事異動等や出世レースなどによってある程度、他人任せな部分はあります。

しかし出世しないからといって良い待遇の会社を辞める必要は無いのです。

出世するだけが人生では無いからです。

思い切って転職する

30代は転職するなら最後の決断時期です。

入社して10年も経つと実務と人脈ができて実力がついてきます。

それは他社に転職しても即戦力として仕事ができるからです。

30代の転職は今のスキルをグレードアップして同業他社に転職するか、

自分の隠れた強みを生かして異業種に転職するかの2パターンあります。

同業他社へ転職する

30代になると、今まで会社で培ってきたスキルが高まります。

それは同業他社等に転職する際の大きな武器になります。

入社して10年も経つと同業他社とのコネクションや外注先、取引先など様々な人脈もできてきます。

その専門スキルやを生かして同業他社に転職する方法もあります。

30代は転職する最後のチャンスです。

今の会社で出世できない高給も期待できない

そのような場合は思い切って転職するのも1つの方法です。

承認欲求という人は自分の高く評価してくれるところが好きなんです。

そういった場へ自分の強みを生かし仕事をしたいものです。

たまたま上司との相性や企業の派閥争いによって、能力が高くても出世できない可能性は十分にあります。

その場合は自分の強みを生かし同業他社へ転職するのが1番良い方法です。

https://twitter.com/13_zaika/status/1565577652307898377?s=20&t=tvPYxW3tuDDz07kzrogX4A

異業種への転職

30代で出世できないとわかったら異業種へ転職するのも1つの良い方法です。

入社して10年近く経ち、自分の強みと会社の適性が合わなかった場合も多くあります。

就職するときに企業研究などしたと思います。

しかし業務は実務にやってみないとわからないものです。

理想と現実は違うと言うように、机上の空論で仕事を考えると実務はかけ離れたものがあります。

自分の強みと実務が合わないミスマッチが起こっていたのです。

ある意味悲劇ともいえます。

自分の強みや能力は自分ではわからないものです。

その場合はキャリアコーチングサービスなど第三者から判断してもらう方法が良いです。

自分のキャリア設計を再確認し残り数十年の自分のどう生きたいか仕事を選び直すのも良い方法です

異業種に転職する場合は自分の能力を再確認する必要があります

同行他社へ転職する場合は今のスキルをアップグレードすれば良いのですが

異業種へ転職する場合は全くの1からのスタートになることになります。

その場合は深く客観的に自分の能力を正確にする事が必要です。

キャリア設計を成功させるには

https://twitter.com/tatsuya_0521/status/1250337359876386824?s=20&t=qmaQRAzxPXuc3qo2xKPDGA

まとめ

まとめると

  • 出世しないで会社で生き残る
  • 思い切って転職する

です。

30代は人生の方向性を決める決断時期です。

これ以降は転職するにしても、会社に残るにしても人生を大きく変える事ができません

自分の人生を後悔のないものにするためには慎重に決めてください

この時の決断があなたの人生の羅針盤になるからです。