仕事から逃げたいと感じた時に試したい5つのステップ

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

仕事から逃げたいと考えていませんか?
今の仕事がキツクてすぐにでも投げだしたい・・・

その気持ちわかります

もうねクダラナイ仕事なんかぶん投げて

トンズラしたらどれほど快適な気分でしょうか

でもそれって正解なんでしょうかね

誰に聞いても答えは千差万別ですよ

仕事から逃げたいときの判断基準は

自分しかわかりません

自分の立ち位置を客観的にみて

仕事から逃げる or 仕事から逃げない、自分で決めます

仕事から逃げてもいいのか?

仕事から逃げたいという気持ちが芽生えているのなら

あなたの心は黄色信号がともっています

逃げたい・・・・

逃げたいという言葉は自分の願望の現れであるからです

逃げるという選択肢を選びたいが

まだ逃げていのか、決断できていないからです

仕事から逃げたいという状況を考えてみると

なにかしらのトラブルが発生しているのがわかります

・理不尽な上司からの指示

・取引先からのクレーム

・過酷なノルマ

・嫌がらせをする同僚

など仕事をするうえで支障になる出来事が

あなたを仕事から逃げたいと考えるにいたる原因です

では仕事から逃げるとどうなるのでしょうか?

仕事から逃げたらどうなる?

仕事から逃げた場合と逃げない場合での

メリット・デメリットを比較してみましょう

・仕事から逃げる

メリット

仕事から逃げることにより嫌な業務とオサバラすることができます

ストレスの元がなくなるので精神的に楽になります

デメリット

仕事から逃げることにより仕事の幅が狭くなり、

本来であれば仕事の経験として

自分のスキルを高めることが不可能になります

また仕事を逃げることにより

上司、同僚、取引先などからの信用の低下につながります

・仕事から逃げない

メリット

仕事から逃げないことにより様々な業務の経験を積むことができます

取引先など対外的にも信用を増すことになります

デメリット

ブラック企業などで過酷な業務を遂行している場合は

行きつく先は過労死の道しかありません

仕事から逃げたくなったらどう対処するのが正解か?

仕事から逃げたい場合の正解は自分の中にしかありません

仕事を逃げる・逃げないのは状況や個人の能力により

変わってくるからです

過酷なノルマでも超人的な営業能力で到達できる人もいれば

どう頑張ってもノルマ未達の人もいます

月の残業時間が300時間を超える状況でもウキウキ仕事する

ワーカーホリックもいれば月の残業時間が10時間でも嫌気がさす人もいます

仕事から逃げたいという感情は自分の主観による部分が大きいのです

実際に仕事を逃げるor逃げないかの判断は自分しかわかりません

ただ明確にわかっていることは

あなたが今、仕事から逃げたい という感情が湧き出ている事です

仕事から逃げたいと感じた時に試したい5つのステップ

①逃げたいと感じている原因は何か?

それを見つめなおす事が一番最初にしなくてはならない事です

原因を明確にする

②逃げ出したい原因からの対処法を考える

逃げだしたい原因がわかったら可能な限り、

その原因の対処方法を考えます

例)営業成績が未達の場合

・今までよりも営業をかける総数を増やす(数の暴力を利用)

・今までの営業のやり方を変えてみる(営業成績の良い人物をまねる)

・営業で得るインセンティブ分を割り引いて販売する(営業結果を優先させる)

原因にたいする対処法が有効なものを探します

③原因にたいする対処法が効果があるかを検討します

・自力では不可能な対処法だった

・実現不可能な対処法だった

・効果が薄い対処法だった

対処法が有効に機能するか確認する

④時間の経過により解決する事案か考える

得てしてトラブルの80%は時間が解決するともいわれています

時間が解決するとも言われますが

人間関係などは時間の経過とともに

人の往来や気持ちの変化により

改善することもあります

時間が解決する可能性を考える

⑤逃げる、逃げなかった場合の未来を客観的に予想する

世の中には過酷なブラック職場も存在します

今のままの業務を続けた場合の将来をシュミレートしてみます

将来性が有るか無いかで、これからの行動が変わります

逃げる、逃げないの未来を予想する

以上のステップで客観的に仕事を逃げ出したい

原因を探りその対応策を考えます

自分の主観が一番大切ですがそれだけだと

見落とししていた事実や解決策が埋もれています

ブラック企業の場合は洗脳に近い形で仕事をさせるので

身体を壊して廃人になるまで自分の置かれた環境がわかりません

その場合は信頼できる第三者の意見を参考にします

それを考慮して逃げる、逃げないを選択してください

仕事が限界だと感じたら

 

今の仕事を客観的に判断して自分には限界だと感じたら

逃げるしか方法がありません

仕事から逃げる→転職

と簡単に転職という道を選択できれば苦労はありません

世の中すぐに転職できる人ばかりではないと思います

かといってこのまま仕事を限界まで続けていたら自分の体が壊れかねません

そんな時は過労死、リストラ(転職)されるくらいなら

今の業務を少しでも軽くなるように動いてみるべきです

上司に業務の改善を進言したり

過重労働をサボタージュするのもいいでしょう

※サボタージュとは
仕事の能率を下げて経営者に損をさせ、紛争の解決を迫る方法

何も動かずに会社に潰されるくらいなら

自分の存在をかけて働きかけませんか?

参考   参考 仕事が頑張れないもう限界と感じた人へ仕事ツライと感じた人の対処法【男性向け】

仕事から逃げだす事は甘えなのか?

仕事から逃げたいと考えているのならストレスがフルMAXな状態です

シンジ君みたいに逃げる事に変な罪悪感を感じて自滅する事は避けましょう

逃げたいと感じたら、一度立ち止まり自分の置かれた状況を把握することです

仕事から逃げたい・・・

と感じている状態はまだ助かります

自分が置かれている状況に疑問をもち

これからの行動を考えているからです

これが

仕事から逃げられない・・・

こんな気持ちになっていたら要注意です

ブラック企業に洗脳され自分の立ち位置さえも見失っています

心が悲鳴を上げていて間違いなく

赤信号でしょう

逃げられない、とは自分の心を外部的要因により縛られている状況なのです

心のコンパスが狂っていたら遭難しますよね

こんな気持ちになっていたら、

会社外の友人や親族など外側から判断できる人に相談してみてください

私だったら直ぐに逃げだしますけどね

まとめ

今回、仕事から逃げたい というキーワードでサイトページを作るにあたって

他のサイトを十数種類リサーチしてみました

すると多くのサイトが

仕事から逃げたい→甘えではない→転職して環境を変えよう

転職サイト( アフィリエイト)

こんなサイトばかりでした

そりゃね、このサイトもアドセンスを張ったりしてますが

仕事から逃げたいと悩んでいる人を鴨にして

転職サイトにミスリードさせようとするのはいかがなもんですかね

もちろん今の仕事がツラくて逃げたいくらいなら

転職した方がスッキリしますよ

でもどんな職場にいっても自分に立ちはだかる

壁というものは存在します

その壁をすべて避けては生きてはいけないでしょう

その壁が自分にとって試練なのか、害悪なのかは

自分が決めるしかありません

だからこそ言いたい

仕事から逃げたい と考えたら

自分の立ち位置を客観的にみて

仕事から逃げる or 仕事から逃げない、と自分で決めます

ここまで読んでくれるのは3人くらいでしょうか

その人たちの未来が幸せでありますように・・・