仕事で疲れた時に試したい3段階の対策

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

毎日の仕事が疲れた・・・疲れきってますね

なんでこんなに仕事が疲れるでしょうか?

仕事で疲れたら、休む事が大切です

疲れたら→休む

これに勝るコンボはありません

鬱気味の人に「頑張れー」と応援して復活しますか?

頑張れーという掛け声は無責任な言葉なんです

仕事で疲れたら休む事が最善の方法なんです

仕事で疲れる3つの理由

仕事で疲れる理由とはなんでしょうか?

仕事により疲れる理由は様々なありますが多くの場合は

過酷なノルマ、人間関係やパワハラ、キツイ仕事など

この3つが要因になる事が多いです

①過酷なノルマで疲れる


営業職や接客業など商品を売ってナンボの商売の場合は

売上に対してノルマが設定されます

販売を競争に見立て売上のレースをしているから辛いんです

常に職場の人間同士でレースをしているので

上司、同僚、後輩といえどライバル関係になります

ある程度の目標がないと人間はだらけてしまうので

目標自体は悪くはないのですが

行き過ぎたノルマを課すとドンドン従業員は疲弊していきます

人生に数回のレースなら耐えられても

毎日、毎週、毎月、毎年と退職するまでノルマがある販売競争が続くとうんざりしませんか?

ノルマがある仕事は疲れる原因なのです

②人間関係やパワハラで疲れる


人間関係が悪い職場も仕事が疲れる原因になります

部下に鞭を入れれば走る、サラブレッドとでも勘違いしているような脳筋上司や

いつまでも職場にこびりつく行き遅れのお局様とか

悪魔に権力を持たせた職場は例外なく

人間関係が最悪な職場になります

パワハラ大好きな上司が存在している職場は

例外なく人事が停滞しているので

どんどん悪魔上司が力をつける要因になるのです

流れる川は綺麗でも水も停滞すると汚い沼になるのと同じですね

若いころ誠実な先輩も10~20年と同じ仕事を続けていると

何か勘違いして権力志向に陥ってしまうのです

こんな人間が蔓延る職場は仕事が疲れる原因になります

③キツイ仕事で疲れる


仕事は内容によっては身体と精神に異常をきたすほどキツイ仕事も存在します

職業に貴賤無しとかのことわざは嘘です

体がぶっ壊れるほどの仕事は世の中に存在します

精神的にキツイ仕事の代表格は

コールセンタースタッフです

商品を購入してもらったお客様からの問い合わせに

親切丁寧に解説する事を生業としていますが

お客様なんてクレームを入れるのを生き甲斐にしている

基地外も多く生息しているんですよ

こんなクソ客相手にしてたら精神がもちません

知人にコールセンターで研修後の初日にお客からガンガン詰められて

3日で辞めた人もいます

体力的にキツイ仕事は引越し作業員、セールスドライバーがあります

重たい荷物を人力で素早く運び複数の現場を何件もこなさなければ

ならないために腰やひざを痛める人が続出します

人間は耕作牛じゃないんだから

重たい荷物を持ち運びしていたら体も壊します

最後に体力的、精神的にキツイ仕事が介護福祉士になります

ボケ老人に理不尽にキレられ糞や尿垂れ流しの

環境で身体介助も必要で体力的にも疲労する職場です

世の中にある様々な仕事と比べて明らかにキツイ仕事は

仕事が疲れる原因になります

仕事で疲れた時に試したい3段階の対策


仕事で疲れたらどうするべきでしょうか

google先生で検索してみると休日に気分転換するとかストレスを発散する

などの対策がかかれていますが、あれは嘘です

仕事で疲れたときには休むという選択肢しかありません

疲れた時に別のタスクを動かしても過労になるだけではありませんか

疲れたら休む

このキーワドが重要です

まず仕事で疲れたら→手を抜く→休む→逃げる

休むという方向性で仕事に疲れた状況から抜け出すしかありません

では個別に仕事に疲れた対策をみてみましょう

第一段階  仕事の手を抜く


仕事に疲れてしまうのは自分の能力を極限まで使用しているからです

車でもアクセル全開で走行していたらエンジンが焼き付いてしまいますよね

車で長距離を走るには巡航速度で進むしかありません

人間も同様に今の仕事に入れている力量を少しセーブして

半分くらいの労働時間、労働密度で仕事をするようにします

短期間で荒稼ぎする仕事でもないかぎり

なるべく自分が長期間仕事できるように普段から意識的に

手を抜いて仕事をする考え方を身につけましょう

上司や同僚から手を抜いているなと指摘をされる

こともあるかと思いますが私にはこれが限界です

と宣言してもいいです

仕事の過多はそこで仕事をしてる従業員の相対評価で決まりますが

あきらかに自分の仕事が多い場合は貧乏くじを引いている状態です

速やかに仕事の手を抜いて疲れをを軽減させましょう

第二段階  仕事を休む


仕事で疲れたら思いきって仕事を休みましょう

体調が思わしくない旨を伝え

もしかしたらインフルエンザかもしれないと告げます

上司から疑いの目を向けられる前に

医師の診断書は必要ですか?経費で落ちるなら用意しますが

とコチラから問いかけることにより

体調不良という演出ができます

熱はないけど体が怠い旨を伝えれば

医者も商売なので何かしらの薬を処方してくれます

仮に診断書が必要だと言われても

病院で数千円を払い診断書を作成してもらえます

第三段階  仕事を逃げる


仕事をに疲れたというのが一時的なものであれば

休むことにより体力と精神が回復することでしょう

しかし慢性的に仕事に疲れた状態であれば

それは体に現れた危険信号かもしれません

頑張っても評価されない、離職率が高い

そんな仕事は人生の大ハズレの職場です

どうしても日本人は我慢が美徳という文化が根いているために

我慢をすればいずれ改善するだろう

そんな事を信じてしまいます

しかしそれは嘘です

今の仕事から逃げる事も考えてください

その上で仕事から逃げるのであれば

傷病手当金を給付してもらいましょう

ブラックな会社からは逃げるのが上策ですが

自分から退職届けを出すと自己都合の退職になり

失業保険の給付が遅れ経済的に苦しくなってしまいます

この場合は会社に退職届けではなく休職届けを出します

休職中は会社からの給料が出ませんが健康保険の傷病手当金を申請します

傷病手当金は怪我や病気などで働けなくなった人が貰える保障的給付金で

在職中の給料2/3が給付される最長で1.5年が支給されます

ブラックな職場ではパワハラ紛いの恫喝が行われているので、

それを根拠に心療内科を受診します

私も職場のパワハラにあい夜眠れなくなってしまい心療内科に受診したことがあります

精神病院に受診するのは抵抗がある人も多いと思いますが

不眠やイラつきなど心身が疲れた状態の人向けの病院になります

仕事が疲れて眠れない旨を医師に伝えると

不眠症は軽度の鬱病と診断されました

その結果を踏まえて診断書を作成して貰い加入している

健康保険の窓口に申請してください

ブラックな企業に申請するわけではないので気は楽だと思います

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139

傷病手当や生活保護の受け方など、働けなくなった人のバイブルを紹介します

上記の傷病手当についても丁寧に解説していますので

仕事で疲れて悩んでいる人にオススメしたいです

働けません 6つの奥の手 

割に合わない仕事をどんなに頑張っても報われません

まっているのは人生の墓場、死あるのみです

他の仕事と客観的に判断して継続することが

困難であると判断するようなら

とっとと今の仕事から逃げる事が正解でしょう

仕事に疲れ辞めたいを我慢していると


仕事が疲れた、辞めたいという気持ちは心が発する危険信号です

身体と精神が疲労し普段の行動が取れない

それでも我慢をしつつ仕事を続ける

その結果、悲劇的な結末を迎える人が多く存在しています

ワタミ、電通にしろ過労死を選択してしまった人は自分の労力の限界まで仕事をしてしまい

仕事に疲れ→不眠症になり→鬱になり→自死を選んでしまったのです

人は他人に対して無責任に頑張れと叱咤激励しますが

そんな事を鵜呑みにしてはダメです

しょせんは職場の上司、同僚といえど赤の他人です

そんな奴らの言いなりで自分の身体を壊すまで仕事に没頭しては自分を壊すだけです

まとめ

仕事に疲れたら休む事が大切です

仕事に疲れて気分転換もいいでしょう

しかしそれは疲れた事の根本的な解決策にはなりません

西洋医学と同じ疲れた事を一時的に胡麻化しているだけです

なぜ仕事が疲れるのか

その原因を探り、今までの仕事のやり方を変える

もちろん仕事を休むという方向性の変化が必要です

あなたの身体と精神は貴方しか守れません

他人の叱咤激励なんかを気にする必要なんてないんですよ

少しでもあなたの仕事の疲れが少くなりますように・・・・