仕事ができない人がとるべき3つの戦略とは

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

仕事ができないと言われて悩んでいませんか?

職場の同僚、上司に仕事ができないと思われていて

肩身の狭い思いをしてませんか?

仕事ができるようになるとは,、どういう状態を指すのでしょう

答えは職場での平均点を目指すことです

何も社内での絶対的なエースを目指すのではなく

客観的にみて職場の人間の平均レベルの仕事ができればOKなのです

仕事ができない人がとるべき3つの戦略とは

メモを取り仕事を客観視する


仕事できないと思うならメモを取るべき

多くの仕事はマニュアル化されています

マニュアル化できないような対人、接客業務でさえも

仕事のポイントというものは存在します

自分の仕事の前任者の手順を観察して

気になる点がある場合はメモを取るといいでしょう

見て覚えるからそんなの必要ないよ

そう考える人もいるのですがメモをとる取るときに

図や会話などを文章化して整理することで

仕事を客観視する事が可能になります

仕事を客観視するということは

職人の勘とかいう世迷い事も突き詰めてみれば

仕事の手順の中に隠されているのです

単にその手順が言語化してなくて

他人からすれば魔法のように感じる手際とかも

仕事を客観的に分解すれば誰でもマネのできる

再現性の高い単純作業なのです

前任者のマネをして仕事を盗む


仕事ができないという評価は多くの場合、

職場の同僚や前任者との比較から判断されます

いま行っている仕事で前任者が居るのなら

彼の仕事ふりを観察して同じように仕事を行ってみてください

お手本は職場に存在しています

前任者と同じように仕事を段取りして同じように接客する

学ぶという言葉はマネるという言葉が語源だそうです

先輩、上司、同僚などマネをする事で

知らない間に仕事のポイントを掴むことが可能になります

無駄だなと思う段取りでさえも

その手順のなかに仕事を円滑に動かす

秘訣が隠されていることがあります

職場での平均点を目指せ


仕事ができないと言われて、

どの位仕事ができるようになればいいのでしょうか?

その会社のエース級の人物になる必要はありません

多くはその会社での平均点を取れていれば合格です

トップを目指すのと真ん中当たりを目指すのでは

心の持ちようも変わってくることでしょう

無理をして社内のトップになろうなど考えず

まずその職場で生き残る最低限の仕事レベルが

どこにあるのかを把握します

自分で実現不可能なチャレンジだと人の心は折れますが

自分の手が届く範囲なら人は頑張れるものです

平均点という目標が明確になることで

その平均点を目指す道筋の構想を練ります

あとは平均点を目指して毎日積み重ねていくだけです

仕事できない人の特徴とは

まずは仕事ができない人の特徴を見てみましょう

一概に仕事ができないといっても多岐にわたる項目ですが

極論すると3つの特徴があります

仕事のスピードが遅いタイプ


仕事のスピードが遅いタイプです

仕事は丁寧に完璧にするが効率が悪く進みが遅い

このタイプの人には仕事ができない人認定をされてしまいます

仕事は芸術品を作っているのではないので、

ある一定以上のクオリティは求められていません

多くの場合は他の人に仕事を振っても

同じような成果を上げることができる状態をさします

資格試験などの場合と似ていて

合格点が70点の場合、100点を目指して勉強をするのではなく

71点を目指して勉強をしたほうが

総勉強時間の短縮につながり早くから結果を残せます

100点で合格しても70点で合格しても資格が貰えるという点においては同じです

とりあえず仕事はスピード重視で徐々にクオリティも上げる方向性が正解です

しょせん仕事なんですから変な拘りは捨ててスピード重視で頑張りましょう

仕事でミスをすると仕事ができない人


仕事でミスをすると仕事ができない人と思われます

仕事をしていくなかでミスはつきものですが、ミスを連発する事により

だんだんと職場の信用度が下がってきて仕事ができない人と認定されます

仕事ができない人は仕事に対して甘い考えの人が多く

軽度なケアレスミスなどは笑って誤魔化す事も多々あります

しかし、仕事を依頼した側からするとケアレスミスでも失敗は失敗です

自分ではケアレスミスは許されてると甘く考えがちですが

それは間違いなのです、軽微な万引きでも窃盗は犯罪です

一度犯罪を犯した泥棒を貴方は信用しますか?

信用しませんよね

仕事で失敗をする事は仕事に対して前科がつくと言うことです

自分から動けないと仕事ができない


仕事にマニュアルがある場合は

そのマニュアルに従って仕事をすればいいのですが

抽象的な仕事の場合はどうすれば良いかわからなくなります

仕事のマニュアルとは仕事の手順を誰でも理解できるように

文章で明文化されている状態なだけです

取引先対応の案件とかお客様への販売すらも

文章で表現されていないだけで多くの仕事はパターン化できます

そのパターンどおりに動けばいいだけの話です

日々のルーチンワークは指示命令される前に

すべて終わらせて、

自分の権限で動ける範囲で先回りして仕事の段取りを

進めてしまいます

上司の許可や承認が必要な場合はその寸前まで

段取りを進めてから上司に報告し

次の仕事を貰うという姿勢を貫きます

上司からすると自分が指示を出さなくても

ある程度は気を利かして段取りしてくれる

便利な奴だと思うことでしょう

そう思わせることができれば成功です

 

仕事できない新人とは


新人として会社に入社すると多くが

仕事ができない状態から始まります

でもそれは仕方がない事なんですよ

仕事を、1→2にするのと0→1にするのでは労力が全然違います

新人はまず会社の雰囲気を掴む所から始めなくてはなりません

最初は仕事ができないくて辛いかもしれませんが

仕事の方向性さえ間違えなければ

先輩と同レベルになるのも時間の問題です

まずは自分の仕事に近い先輩の仕事の仕方を真似てみませんか?

仕事ができないと辛い


仕事ができないと職場が辛い環境になります

仕事ができる・できないというのは

その職場に存在する人間の相対評価で決まります

・ハイスペ限定の有名企業

・寝ないで馬車馬のように働くブラック企業

・お客様大好き接客業など

その職場環境により求められる人材は違います、

仕事ができなくて悩んでいるのは、

もしかして、貴方のステータスがその職場にあってないのかもしれません

新人でなく5年~10年勤めても同僚並みに仕事がはかどらないのなら

それは努力によって解決できる問題ではなく

最初の職場選びが間違いだったのかもしれません

人間は変化を嫌う性質があり、転職に嫌悪感を抱きがちですが

どうしても仕事ができなくて悩んでいるのなら

環境を変えると一気に解決する可能性もあります

仕事ができないと思われてる


職場で仕事が、できないと思われていませんか?

影でヒソヒソ小声なのに自分に聞こえる音量で喋る奴

なんなんですかね、

仕事に慣れていないとスキルが落ちるのは当たり前の話ではありませんか?

また、人によっては仕事の習熟度に差がつくのも当たり前です

人間は誰かを影でディスることにより

自分の承認欲求を満たしたいツマンナイ生き物なんです

本来、その会社に採用された時点で

同僚と同レベルの仕事ができると会社の幹部が判断したから

採用されたのでしょう

今はまだ滑空まえの助走期間なのかもしれません

慣れていなかったり、仕事の飲み込みが遅いのなら

仕事ができないと思われる事は徐々に解決していくでしょう

時間が解決します

まとめ

仕事ができないというのは、その仕事の習熟度が低いために

職場で相対的に低い部類に分類されているのかもしれません

まずは仕事に慣れてどのように仕事を段取りすればよいのか

身近の人物を参考にしてみませんか

意外とコツさえ掴めれば、あとは先輩同様に

同じように仕事を進めることが可能になります

仕事ができないと悩んでいる人のヒントになれば幸いです