新しい職場で緊張してしまう事を和らげる3つの方法

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

新しい職場で緊張すると自分の力が発揮できませんよね

毎日、緊張で仕事に手がつかない

そんな気持ちではありませんか?

自分に無理をしても疲れて

無理無駄失敗を犯しやすくなります

それを防止するためにも落ち着いて仕事に取り組む姿勢が大切です

転職先での緊張を和らげる3つの方法

転職先で上手く人間関係を構築する方法が3つあります

具体的には

年下でも丁寧な対応をする

早く名前と顔を覚える

会社の文化を尊重する

などです

年下でも敬語、丁寧語で対応する

その会社の中で一兵卒からやり直す気持ちで

敬語や丁寧なやり取りを心がけるしかありません

よくある話なんですが、年下の先輩など転職した先に存在します

そんな年下の先輩に対して

「〇〇くん」とか、「おい、〇〇」など呼び捨てにしたりする事は厳禁です

歴史のある会社などは先輩が絶対正義という風潮の会社もあります

私も 過去に経験があるのですが

年下の先輩に

俺はA級採用(新卒)なんだ、もう10年もこの仕事をしてるんだ

そう自慢された事があります

会社歴だけが心の支えのようなツマラナイ人間が沢山います

たとえ年下であったとしても

〇〇さんと「さん」付けで呼ぶことにより

自分を一段低く見せ無益な争いを避けることができます

転職先の人間の顔と名前を早く覚える

転職先で一番最初にするべきことが

相手の名前と顔を覚えることです

相手の名前で呼びかけることにより

自分の存在をアピールしつつ

相手に親近感を持ってもらおうという行動です

どんな人間でもも名前で呼ばれてることは

相手を認知していますよという意味合いももつので

効果は期待できます

新しい会社の文化に染まる

会社には独自の文化歴史があります

前職でどんな素晴らしい経験があったとしても

その会社の文化に慣れその文化を許容し

自分のものに昇華することが大切です

転職先の仕事が間違っていたり

ちょっと無駄だなと思うことがあったとしても

当面の間はその会社の文化だと思い

会社の文化に沿って仕事した方が間違いはありません

新しい職場で慣れるまで

新しい職場に慣れるまで自分の我を出してはいけません

ある程度の年齢からの転職だと

自分の自我が確立されているために

自分の考えを出したくなる時があります

そういったものを抑え周囲との協調性に務めると

対人関係の衝突も避け

新しい職場の人間関係を作ることができます

意味もなく緊張してしまう

意味もなく緊張する場合は自分の思考で自滅している状態です

もし失敗したらどうしよう、間違いだったらどうしよう

まだ行動して結果も出ていないのに

今までの経験から失敗を恐れてしまい

自分の失敗をイメージして意味もなく緊張してしまいます

ネガティブな思考脳が関係しているのです

仕事はこうあるべき、こんな風に業務をこなすべき

そういった自分の中の理想像を勝手に作り出してしまい

それをと乖離してしまうと

どうしても意味もなく緊張してしまうことになります

緊張で仕事できない場合

緊張で仕事ができない場合も

やはりミスを過大評価している可能性があります

できないことはできない、無理なものは無理

何ができて、何ができないのか?

自分の中で認識して基準を作り出すことによって

緊張して手につかないということを

回避すること出来ます

どんなことも頑張ったってできないものはできないんですよ

緊張して仕事ができない場合は自分の力量を把握して

できない場合の案件は素直に認める姿勢が大切です

緊張しない人の心理とは

緊張しない人の心理は自分を信用している

自信があるというのもあるのですが

ある意味いい加減な考えも持ち合わせています

世の中なんとかなる

そんな世の中を舐プレしている考え方なんでしょうね

真面目で完璧主義者の人ほど 緊張してしまう傾向が強く

適当な人間ほど 悠々と仕事することができます

仕事でのミスが不安で緊張してしまう場合

 

仕事上のミスは誰にでも起こると認識してください

ミスを起こさないのではなく

ミスの発生できない環境づくりを

することが大切です

どんなに注意深く仕事をしていても

多忙だったり、乱雑な職場だと

有能な人でもミスをしてしまいます

それより環境が悪いのなら事前に

仕事のやり方などをシンプルなやり方に変えることにより

仕事のミスを避けることができます

難しい手順で仕事をするとどうしても失敗する確率があがりますよね

仕事が怖くてできない場合

仕事が怖くてできない場合は

仕事を過剰に恐れている

もしくはその会社がパワハラ傾向が強く

失敗すると罰則があるためにミスが致命傷になり

上司の厳しい叱責を恐れて怖くてできない

そんな環境の職場も存在します

温くて優しい上司しか存在しない職場なら

気楽で適当に仕事ができますよね

ちょっとのミスでもノイローゼになるまで追い詰めるような

職場だとみなピリピリしてしまいます

私の在籍している会社の場合

ミスをすると頭を丸めて坊主にして

会議の際に一人だけ直立不動で

泣きながら謝罪させられる

そういった感じの職場も存在します

職場男性の坊主率が高くて

お寺or刑務所みたいな雰囲気の職場です

(会社幹部に小〇院の経験者がいるので坊主が好きなんでしょうね)

そんな職場ではみな萎縮してしまいます

ミスが起きやすい仕事は

逃げる、人に投げる、知らんぷり

が成功の道なのかもしれませんね

苦手な人との仕事で緊張する場合

苦手な人との仕事は緊張する場合があると思います

自己啓発本には

他人は変えられない自分を変えろ

と言いますが、そんなのハッキリ言って無理です

苦手な人間はやはり苦手なのです

それよりも苦手なのは自分が相手を嫌いだということを

認識することから始めましょう

嫌いなら、なるべくその人物との接触は避けて

ドライに仕事の業務だけをルーチンワークで対応するようにします

嫌いな人間をいくら好きになろうとしても無理です

自分を押し殺して相手に合わせても、うつ病になって死んでしまいます

発表で緊張しない方法

資料プレゼンなども仕事で発表する時に緊張する場合

これはもう慣れるしかありません

事前に発表の練習を行い

誰もいないところで音読をして何回も何回も練習します

同じ資料を読み上げることによって

頭の中のイメージ通りの行動をすることができます

何も考えず口がペラペラ滑るようなぐらいまで

何度も何度も練習することが大切です

また場数を踏むことも気緊を和らげることができます

場数を踏んだ人間はそれだけ自分の中に経験があるために

少しの事で心が動きずらくなり

人前で発表する事が容易になります

職場で緊張しないためには

職場で緊張しないためには職場に慣れ

雰囲気を自分の物にすることが大切です

どうしても人間は自意識過剰になってしまいます

自分は人からどう見られているのか

失敗したらどうしよう、そんなものは全て杞憂です

失敗した後の対処法などは後々人生経験からつかめると

どの程度の失敗なら許容範囲なのか

これくらいなら大丈夫であると仕事と自分の距離感がつかめます

そんな仕事と自分の距離感がわかってくると

職場での緊張をしなくなりますよ

大体の悩みのケースは徐々に慣らしていく

時間が解決するそういったものの 考え方が大切です

まとめ

仕事で緊張しないためには

他の人との距離を適当に取る

自分のを信じて失敗を恐れない

転職などで緊張してしまう場合は徐々に慣れていく

こういったことが大切です

多くの場合は時間が解決します

また明日から仕事に頑張りましょう