仕事が苦痛で辞めたい人はどうするべきか・・・

いまの仕事が苦痛で悩んでいませんか?

仕事内容が嫌だったり、人間関係に疲れていたり

仕事が苦痛でしかたがないと、感じた時にどう対処するべきでしょうか

それには苦痛の原因を究明し、それに対応した対策をとる事です

具体的には、”転職を視野に入れつつ行動する”ことです

どういうステップを踏んで、仕事の苦痛から解放されるか考えてみましょう

仕事が苦痛である原因を探る

仕事が苦痛である原因をさぐることから始めましょう

仕事が苦痛である原因して

・仕事内容のわりに給料が安い

・人間関係がキツイ

・労働時間が長い

だいたい、この三点が仕事が苦痛である原因です

仕事内容に対して給料が安い

給料が安いという悩みとは、仕事が難しく、危険を伴うわりに

その対価である給料が、同業他社と比較してもあきらかに

安い場合をさします

まれに同業他社もどうように、仕事内容にあわない低収入で推移していると

その業界に人が集まらなくなり、業界全体が人手不足に陥ります

ひと昔まえは高収入でもあった、運送業などがその典型かもしれません

かっては過酷な仕事内容ですが、それに見合った高収入が約束されていたので

以前の運送業には、おおくの人材が入ってきました

しかし、デフレ化の日本において運送料の値下げが相次ぎ

いまでは仕事内容にあわない、低収入の代表的に仕事になってしまいました

運転手不足の最大の理由は辛いのに儲からない

その一点につきます かっては厳しい労働環境だが

確実にもうかる職種として人気がありましたが

今は運転手が足りないけど、給料は上げたくない

まさに自業自得ともいえます

仕事にたいする給料とは、労働市場の需供と一致しており

仕事内容に給料があわなければ、人手不足になるだけの話です

同じケースとして、仕事内容が多岐にわたる割に、薄給なコンビニエンス業があります

これも多くの仕事内容のわりに給料が安いために

人手不足に陥り、近年では外国人実習生を活用するようになりました

今のあなたの仕事内容は給料に見合っていますか?

職場の人間関係がキツイ

職場の人間関係も仕事が苦痛な原因の一つです

自分の好きな人間としかつるまない、学生時代とは違い

年齢も趣味嗜好も全くランダムに集められた、人間が同じ仕事をするとなると

どうしても、人間の好き嫌いが発生します

理不尽な上司、冷酷な先輩、足を引っ張る部下、陰湿な事務員

一見、人当たりがよさそうで、なんでも話しを聞いてくれる同僚がいたとしても

影で悪口をいわれて、人間不信になってしまうかもしれません

学生時代とは違うということを認識して、あまりプレイべートの部分まで

踏み込まず、超浅い付き合いを心がけてください

職場では友人などは作れません

職場の仲間と仲良くワイワイというのは幻想です

長時間労働は人間を壊す

不景気のくせに人材を投入できずに、どこの職場も長時間労働をしいられています

人間は長時間労働をしても効率はあがらず、苦痛がふえるだけです

電通での過労自殺、ワタミでの過労自殺

過労自殺にいて経緯を調べてみると、長時間労働による睡眠不足から

精神的に疲弊してきています

睡眠をさせない拷問もあるように、睡眠時間がとれないことは

死に直結する苦痛以外の何物でもあありません

まして、その長時間労働がサービス残業であれば

精神的な疲弊は頂点を極めます

長時間労働になる原因として、会社や部内の体質が原因として考えられます

仕事が苦痛であることの対処法

仕事内容に対して給料が安い場合


仕事が苦痛になる原因を究明したら、その対策をとります

自分で解決できる案件もあれば、自力では不可能な場合もあります

仕事内容に対して給料が安い場合

上司、責任者に対して給料のアップができないか打診します

おおくの場合は却下されることでしょう

その場合は自分には、いまの仕事は荷が重いので人事異動ができないか

打診します

もしその仕事があなたしかできない、仕事内容であれば

会社側は何かしらの、改善案が提案してくるでしょう

最後の手段としては、転職も視野にいれている雰囲気を醸し出すことです

労働組合がしっかり機能しているのなら

組合経由で働きかけてもいいかもしれません

しかし、日本の企業では御用組合が多いためうまく機能していません

上司、責任者のおおくは口でうまく丸め込もうと画策をしてきますが

仕事での苦痛を逃れるためには、自分のなかの指針をしかっり決めておき

上司の口車に簡単にのせられないようにします

要するに自分の意見が通らないときは転職も視野にいれるという事です

人間関係が苦痛な場合

この場合も、同様に上司に人事異動を願いでることから始まます

もし人間関係の原因がその上司だった場合は、時間が解決するのを待つか

転職を視野にいれるしかありません

人事異動が頻繁におこなわれている会社であれば

時間とともに、嫌な上司も去っていくことでしょう

しかし、地域密着型の人事異動て何ですか?

といった企業の場合は、下手すると定年まで、そのクソ上司と付き合わなければ

なりません

その場合には、思い切って仕事をかえるしかありません

仕事を辞めることにより、貧困スパイラルに陥り

苦労することもあるでしょうが

人間関係のばあい、どう頑張っても改善できないこともあります

無理をして我慢してもあなたがうつ病になる可能性すらありえます

長時間労働が苦痛


長時間労働は実は一番地味で解決しずらい案件です

長時間労働になる社風、体質はその企業独特のものがあり

簡単に改善できるものではありません

長時間労働をやめましょうと上司に働きかけても

改善されることはすくなく

得てしてそれが社風のように悟られてしまいます

その場合は、自分はどの程度までなら

サービス残業に耐えられるのかを考え

その限界点に達するまえに転職することも考えておきます

長時間労働が当然のようになると、まさに茹でガエルのように

過労死するまで身動きがとれなくなってしまいます

しかし、過労自殺した人の手記をみるにつけ

世の中には苦労の限界という臨界点も存在します

今の仕事は命をかけてまでする仕事ですか?

仕事が苦痛でも今の環境がいつまでもつづかない

仕事が苦痛とかんじたら、その職場を変えられるように

働きかけることが、自力で解決する一つの方法です

人事異動が頻繁にある会社なら、一過性の嵐と考え

嵐が過ぎ去るのをじっと耐えて待ってください

もし、人事異動がない会社、サービス残業など社風的に

問題がある会社のばあいはおもいっきて転職を視野にいれるしかありません

過労自殺したひとの場合は、長時間労働などにより

思考能力が低下して次のステップに移行できずに

自滅してしまった感がいなめません

仕事が苦痛だなと感じることは、脳が発するアラートと考えたください

苦痛だなと感じている時に、転職先を探したり

次の仕事のために資格を所得できるようにスキルをあげなど

事前行動をとることができます

いつでも辞めて次の仕事にいけると確信できたなら

いままでの仕事の苦痛もずいぶん和らぐことでしょう

あとは、仕事の苦痛が限界点に突入したときに

どうにもならないなら仕事なら、転職という切り札をきるだけです

まとめ

仕事が苦痛と感じるのは、仕事内容に合わない給料、職場の人間関係、長時間労働

仕事が苦痛でも一過性で済む場合はじっと耐える

仕事の苦痛から逃れるには人事異動を願いでる

人事異動がない会社の場合は転職の準備をする

苦痛が感じている間に次の準備をしてください