仕事でとりあえず3年は大きな嘘、違和感を感じたらすぐ転職

こんばんは 銀次郎(@gin7000)です

就活終わりましたか・・・いよいよ春から社会人ですね

春から長い仕事人生を歩むことでしょう

多くの人は長い年月を会社に捧げることになります

そんな長い年月を過ごすのに、これから仕事を始める

会社があなたに合わなかったらどうしますか?

多くの人がいう「とりあえず3年は勤めるべき」

その言葉は果たして正しいのでしょうか?

とりあえず3年とはある程度会社の戦力になるころだから

「石の上にも3年」有名な諺ですよね

石の上に3年も座っていれば暖かくなる

どんな事柄でも3年は続けないと真価はわからない

そういう意味でしょう

でもね3年も石の上に座っていたら

痔になるだけですよ

いくら座っても石は暖かくなりませんから・・・

とりあえず、3年は同じ会社に勤めた方がいい理由は

3年務めると社内で一人前になり、仕事が自分の裁量で進める事が

できるようになり、仕事の面白さが解るころだという理由もあります

新人で雑用的な仕事をしているだけでは

面白くもなんともないでしょう

また会社としても新人研修など費用をかけて育成して

社内で自立できるポジションになる時期が3年くらいともいわれます

社員のコストが黒字に変換する時期と重なるからです

いままで他人が稼いでいたお金に、おんぶに抱っこの状態から

脱却する時期だからです

一般論としては最低3年は同じ会社に勤めなくてはならない、それは世間一般の固定観念です

ブラック企業ならすぐ転職が正解

本当に入社したら3年は同じ会社に居るべきなのでしょか?

答えは、どちらとも言えない

というのが答えです

なぜか?というと

ホワイト企業とブラック企業では仕事の環境が違うからです

ホワイト企業の場合は右も左もわからない新人を

一応社内では通用するレベルまで教育していこういう意思があります

この教育レベルですが、現場任せのOJTではなく

企業研修や先輩社員を通じて育成していきます

新人に対してすぐに戦力になるようなハードルは上げず

レベルに応じた指導が行われます

パワハラ、モラハラをするような上司や先輩は存在せず

ある一定レベルの社内民度を保っている環境が望ましい

休日、残業などにしても週休二日、残業20時間以内がぐらいが目安でしょうか

また有給休暇なども上司の顔色を窺わなくても

私用で所得できる環境が望ましいです

でも今の日本にこんな恵まれた環境の会社はあるのでしょうか?

そんな会社はあるの・・・?

これとは逆に日本では多くのブラック企業が存在しています

ブラック企業の場合は

3年を待たずにすぐに退社の意思を持ってください

正直言ってブラック企業では3年持ちません

3年も待っていたら、人生にサヨナラする羽目になります

多くは厳しい新人研修のあと人間の限界近くまで

酷使します

東大を出た若い女性が入社後に8ヶ月も睡眠3時間で働き

そのうちにうつ病になり自殺されていまいました。

ワタミでも2008年6月、入社2ヶ月の26歳の女性が自殺しています

企業理念に「365日24時間死ぬまで働け」という文言通りに働いたら

新人研修配属後数年もたずに凄惨な結果を招いてしまいました。

ワタミでの勤務は午後2時~翌朝6時まで続くという状態だったそうです

2014年頃のワタミのホームページでは自社の理念集として

との文言を記載さいていました

電通事件                     北 健一 著 参照

検証 ワタミ過労自殺               中澤 誠  皆川 剛 著 参照

ブラック企業                   今野 晴貴 著 参照


ブラック企業という本に

ユニクロに入社した方の記事がありましたが

40人で新人研修が始まり研修が終わる頃には1割以上の6人が辞めたそうです

厳しい新人研修を終えると2年以内に店長に昇進しないと

U社が悪質なのは使えない人材と認識されると一回休職扱いとして退職へと導く点です

一回休職させることにより過重労働やパワハラが労働災害だと認識しており

これを意図的に回避するために休職→退職というコンボで会社に居られないように仕向けます

もうね3年在籍するのは困難な状況でしょう

彼ら彼女らだって一流の大学をでるほどの優秀な人材であるはずなのに

まるで選別テストのごとく試練を与えて

それに見合う人材でなければポイ捨てする環境を構築する

のはいかがなものでしょうか?

電通、ワタミ、ユニクロともブラック企業大賞ノミネートの各社ですが

大手一流企業でも今の時代は、人材は部品の如く扱うのが常識なのです

異業種にいくなら3年いるのは無駄

建設業、IT土方、運送業、サービス業はいまの時代は人気ありません

数十年前までは給料が良かったり、ゆるい環境でそれなりに

人材も集まってきたのですが

ただでさえ誰もやりたくない仕事なのに

土日が休めない、深夜まで仕事、給料が安い、社内の人間の民度が低い

など嫌なキーワードが目白押しです

そんな環境でも洗脳に近い形で新人を教育し

酷使しようと考えるブラック企業の経営者はいます

真面目で純粋な新人さんほど、これにハマり

抜けられなくなってしまします

まだ企業の色に染まる前の数年以内なら

退社→転職という道も選べることでしょう

いまの業界が自分に合わないなと感じたら

異業種に転職してみてはいかがでしょう

異業種に転職するには少しでも若い方が有利です

また今仕事に従事しているスキルは転職先では

役にたちません

異業種に転職するには「とりあえず3年は勤める」ということは

大間違いです

少しでも若い方が転職には有利に働きます

そうでなければ、第二新卒などというキーワドは存在しないでしょう

第二新卒は入社3年以内に転職した人が該当します

私もIT系の企業に新卒で就職したのですが

IT土方の名のとおり、とりあえず客先に派遣してしまえ

といい加減で人間を部品の如くあつかう環境に耐えきれず

2年で退社し異業種に転職しましたが

最初の転職はもっと早くに辞めるべきだったと今にして思います

まとめ

最近の若い者は我慢が足りないとか

老害社員は宣いますが

その老害社員の時代と今の時代は違うのです

また、ネット社会が浸透し実際に転職しなくても

他の業界の実情がよくわかるのです

マスコミ、新聞、テレビなどのスポンサーがついている

媒体の情報を鵜呑みにすると危険です

口コミ、SNSなど現場に近い人の情報を集めることにより

いまのあなたの職場環境が〇か×なのが見えてきます

とりあえず3年勤めるて考えるのではなく

違和感をかんじたらすぐ行動するのが正解です