イエスマン上司が職場を崩壊させる理由

こんばんは ツラたん(@gin7000)です

会社にペコペコする上司はいませんか?

自分の意見が無く上からの指示に忠実な

会社の犬・・・

そんなイエスマン上司に悩まされていませんか?

イエスマン上司は結局は自分の事がかわいいだけなんです

そんなクズ野郎が職場にいると職場の人間関係は崩壊へと向かいます

イエスマン上司が職場を崩壊させる

あなたの会社にも居ませんか?

会社幹部から言われた通りに行動するイエスマンな上司

会社幹部から言われた事は絶対服従で

経営層の伝書ハトな存在が

はっきり言って迷惑な上司ではありませんか?

現場を稼働や工程も知らずに

人件費を下げろとか

コストを下げろとか

仕事の中身もロクにわからない癖に指示だけだしたりします

現場をまとめる現場指揮官といつも衝突したりしています

これは、イエスマン上司の価値観が原因なのです

人間は基本的に自分の事が一番大切な存在です

自分の保身の為なら部下をいくらでも殺せます(リストラ)

イエスマン上司の仕事の範囲は担当する部署の

現場作業員を含めた現場をまとめることなはずなのに

その責任を現場指揮官に丸投げしているからです

その結果イエスマン上司は現場指揮官さえ

叱咤激励すれば全て解決という考え方になっているのです

本来であれば

会社幹部→中間管理職→現場という一本の線で繋がっているはずなのに

中継地点でもある中間管理職の所で歪められてしまっているのです

世の中の多くの企業がホワイト企業からブラック企業に変質する理由の一つに

中間管理職(イエスマン上司)の存在があります

仮に社長→現場という指揮系統であれば

現場のトラブルはすぐにでも社長が対応しなければなりません

しかし、企業がが巨大化するにしたがい

中間管理職や間接部門のポジションが生まれてしまいます

この時に現場のトラブルをストレートに経営層まで伝達できればいいのですが

中間地点で真実のトラブルを自分たちの都合の良いように歪ませて

自分の都合のように真実を歪ませます

日本の大企業が不祥事を起こしたさいに

原因を調べること事態がオカシイのです

会社の幹部が調べるという事は

トラブルの元がどこかで隠されている証拠なのです

その証拠を隠す確率が高いのがイエスマン上司になります

イエスマン上司が考える事は自分の保身です

自分の上司の顔色を伺う事にしか興味がないため

自分の部下とは心理的な壁を作り出しています

現場でトラブルが起きたとき問題点が一番わかっているのは、

その現場本人と現場の責任者です

その現場からのフィードバックを取り入れて問題解決にあたるのが最善手なはずです

しかしイエスマン上司も顔を突っ込み一緒に解決しようとする姿勢ではなく

現場の責任者を責め立てるゲスな手口で問題の論点をすり替えます

イエスマン上司は組織の風通しを悪くするボルトネックな存在なのです

イエスマンが出世するわけ

イエスマン上司はなぜ出世したか?

経営層の人間も人間であるからには自分の考え方に口を挟まず

ハイハイと答える部下が大好きなのです

会社としての利益よりも上司の利益の方が優先されます

会社の利益を上げようと考えるよりも

自分の出世や収入の方が大切なのです

そのため青臭い真面目だが口うるさい部下よりも、

ゴマスリが上手い部下を重宝します

上司である自分の指示にイチイチ反発されると

自分の管理能力を疑がれるのでイエスマンを出世させようとします

イエスマンのいい所は上司の指示に疑いをもたず愚直に行動するところです

優秀な上司の下についているイエスマンなら

優秀な上司とともに出世するかもしれません

しかし、イエスマンは上司の引き立てだけで出世しただけで

彼が優秀なわけではありません

イエスマン上司は自分の考えで行動できず

誰かの模倣でしか思考を生むことかできません

そんな人間が会社幹部に出世したりすると

現場サイドは優秀なはずなのに経営層が迷走を続け倒産した会社も多いのです

事故が起こらなければ仕事は平常運転

部下からの進言があってもイエスマン上司は基本的に無視です

無事これ名馬

という諺もあるように現場からクレームがきても取り敢えず静観します

多少の無理難題は現場の創意工夫で解決するだろうと考えているのです

現場の事は現場がなんとかするだろという考え方です

QC活動なんかも現場での自発的な創意工夫により改善しようという考え方ですよね

つまり最前線の現場のことは会社幹部にはわからない事を表してます

結果的に仕事のコアな部分は現場に丸投げしてる癖に

経費がかかる部分やトラブルを上司に報告しても知らんぷりします

イチイチ部下からの進言を聞いていてもイエスマン上司からしたら面倒臭いだけですから

その結果、企業のとんでもない事故や事件が発生してから慌てふためくのです

2008年に64兆円を越す負債を抱えて沈没した

アメリカ企業のリーマンブラザーズもヤバい兆候は現場ではわかっていました

最前線で働くディーラーは再三経営層に進言したが黙殺され

64兆円の負債の時限爆弾が炸裂しました

参考書籍

リーマンショックを初めとした企業の失敗やトラブルは

現場サイドでは事前に把握しているのです

経営層までその進言は届かず、悲惨な結果を招くのです

イエスマン上司から無理難題を押し付けられた時の対処方法

イエスマン上司から無理難題を押し付けられた時はどうしますか?

真面目な人ほど徹夜でもして一生懸命に仕事をして

ミッションクリアをしょうとしますが

それは間違いです

上司はどの程度まであなたが仕事ができるか試している可能性もあるからです

それもわからず最初から全力疾走をしてしまうと息切れをしてしまいます

周囲の同僚たちの仕事レベルと確認して

相対的に同じくらいの仕事レベルで仕事をするのです

もちろん無理難題な仕事の場合は失敗することもあるでしょう

ですがわざと仕事が少し失敗するように仕掛けるのです

先ほどのリーマンショックのケースでも解るように

物事が順調に進んでいるかぎり人間は真実に気が付かないのです

無理な仕事を頑張って行っていてもいつかは破綻してしまいます

会社に大災害が及ぶ前に、小さな失敗を見せつけて

イエスマン上司に

失敗から学ばせてあげるのです

まとめ

イエスマン上司は所詮はゴマすりで出世しようとする利己的な人間です

上司からの指示だけで出世した人間は自分で物事を判断できません

部下を叱り飛ばせば、物事が解決するだろうと考える

ゲスな人間なのです

そんなイエスマン上司からの被害を受けにくくするには

上司からの指示を100%達成するのではなく

つねに安全マージンをとり仕事に取り組むことです

あなたが仕事を頑張り過ぎて事故、過労死、病気になっても

誰も助けてくれません

イエスマン上司にいいように使われないように気をつけましょう